2013-10-10 (Thu)
ソウルの空港でも
香港でも
シンガポールでも
ニューヨークでも
驚いたのは
インドのハイデラバード空港の書店でも、しかも何冊も、置いてあったのは
村上春樹さんのペーパーバックです。

ハイデラバードで
「What I Talk About When I Talk About Running」(走ることについて語るときに僕の語ること)を買って読みました。
もちろん日本語版は読んでいますし、英語版では珍しいエッセイなのでこまぎれにでも読みやすいのです。

昨年、ノーベル文学賞が中国(アジア)にもたらされたので
今年はどうか
などといわず
しかし淡々と、ノーベル文学賞受賞を待っている
という方も多いのではないでしょうか。

受賞の第一報が入ったとき
やはりジョギング中の村上さんにインタビューが入ってもらいたいですね。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 文学 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する