2013-09-13 (Fri)
来週はニューヨーク出張なので
今週は白内障手術が忙しかった。
水曜日、木曜日と午後多数例を手術。
夕方遅くまで頑張ってくれたスタッフに感謝。
なにより当院での手術を信頼して手術を任せてくださった患者さん達に感謝。

今週は
というか最近は今週も
角膜径が10.5mm以下と小さい患者さん
(前房体積が小さく、手術のワーキングスペースが狭い)
落屑症候群によるチン小帯脆弱(水晶体の支えがもろく、グラグラな白内障)
閉塞隅角緑内障(前房が狭く、水晶体がグラグラ)
核が硬い白内障
成熟白内障
(前嚢下全体が繊維化していて前嚢切開のチストトームが刺さらない患者さんも)
超高齢
認知力の問題
高度の難聴
振戦
など、なかなか大変でした。

しかし今週はどこまででも手術ができそうなエネルギーが湧いてきたのであります。

それは小生の長女に女の子が誕生したからであります。
ヤッホー!

少し早期の出産だったので心配しました。
夜中の2時頃に連絡を受けて、家内は娘が入院している宮崎大学医学部附属病院まで「出撃」し、昼前に無事生まれたと連絡を受けて、診療中でしたが、安心の余り、つい涙ぐんでしまいました。
宮崎大学附属病院産婦人科の皆様本当にありがとうございました。
宮崎大学附属病院眼科の皆様、娘の「産休」が早まるなどお手数をお掛けしまして申し訳ありませんでした。本当にお世話になりありがとうございました。

小生は当院での仕事が忙しくて赤ちゃんにまだ面会できていないのですが
親ばかというかじじばかながら、届いた写真ではとても美人さんであります。Joy!!Joy!!!?


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する