2013-08-15 (Thu)
「我等が生涯の最良の年」は第二次世界大戦の帰還兵3名のその後の人生模様を描く1946年(終戦翌年)アカデミー賞8部門受賞作。

昔から一度見なくてはと思っていたのですが、8月14日にDVDを見ました。
(詳しいあらすじは他に譲ります)

圧倒的な勝ち戦の後であっても
帰還兵には帰還という再適応への畏れやその後の運命の変化があったことをすぐさま脚本化する冷静な洞察力がアメリカ合衆国にはあった、ということに驚かされます。

主人公のひとり元銀行員のアルは帰宅して息子に日本軍兵士が持っていた「サムライの刀」と家族友人と思われる人々の書き込みが入った日の丸の旗を土産としてわたす。

「日本人は家族のつながりをことのほか大事にする文化をもっているようだ」というアルに対して、成長した息子は、「お父さんはヒロシマに行きましたか?原爆の影響はどうだったのでしょうか。」と社会的な質問をして父を内心驚かす。

当時のアメリカ社会においては戦勝国として勝利にうかれるだけではなく、
帰還兵が初めて家族に再会することへの畏れや再適応への戸惑いへのまなざしを持ち、原爆が未来に対して意味するものにさえ、さりげなく言及するような目配りができていたという「余裕」には
(もちろん少し言及したら贖罪されるというものではありませんが)
敵対する相手として物量だけではない様々な点でまことに強大な存在であったことを、この映画から、いまさらながらに感じさせられたのでありました。

ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する