2013-07-23 (Tue)
閉塞隅角の国際的な定義では
たとえば、270 degree of irido-trabecular contactがあって、PASがなく、眼圧上昇や視野障害・視神経障害がないものを原発閉塞隅角症疑い(PACS)とするとされています。

シンガポールにおけるAACGCでは
隅角鏡検査においてはirido-trabecular contact(虹彩と隅角との「接触」)自体を確認することが難しいためこのcontactという意味をどのように理解するのかという質問がインドのS教授から出され議論になりました。

以下に私が理解する限りでのまとめを書いておきたいと思います。

学会の後に、質問を受けたジョンズホプキンスのF教授と一緒に食事会に出掛けたので事情を伺いました。
最近はよくS教授らからこの質問を受けて繰り返し議論になるのだけれども、隅角鏡検査でScheieの3から4の所見を呈する症例では隅角が非常に狭くなっているため実際にはirido-trabecular contactが起こっているものと見なして良いのではないか。
前眼部OCTなどを用いると接触が起こっている例が大半であるため(暗室のOCT検査時には閉塞がさらに強まり、動的に接触が起こっている像が捉えられる)このような定義でよいのではないかという話(わたしの補足というか意訳が入っていると思いますけれど)でした。

私は暗室、正面視での圧迫していない隅角検査にて270°隅角が見えないもの、Schwalbeライン以下または色素性trabecular meshwork以下が見えないもの、という言い方をしていますが、最終的にはこのような捉え方で良いのではないでしょうか。

また最近、海外では270°を180°まで範囲を狭める論文が多いのですが、180°程度で緑内障性障害を示す例は少なくないため、このような定義の拡大が行われているのではないかと個人的に推測しております。
これもさらに統一してもらいたい問題であります。

IMG_0166.jpg

AACGCファカルティ・ディナー会場(Jing)からマリーナベイ・サンズが一望でき、夕焼けに赤く染まるホテルが美しい。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 緑内障 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する