2013-06-04 (Tue)

九州眼科学会懇親会では久しぶりに福岡県太宰府のY先生にお会いしました。

内心驚いたのは、もともとハンサムな方ですが、なんというか、とても綺麗な夾雑物のないお顔をされていることでした。
わたしがコメントするのも僭越ですが、内面が澄んでいないとああいうお顔になれないのではないかしらん。

Y先生は、そう思う方も多いと思いますが、小生の「心のボス」であります。
2回ほど先生のクリニックを見学して大変よく教えていただきました。

習ったことのひとつは白内障術前に角膜径を必ず計測すること。
私の経験では角膜横径が10.5mmを切ると手術が各段に難しくなると思います。しかし顕微鏡下の像ではその角膜が10.5mm以下の直径を示している、となかなか気づきにくいのであります。
IOLマスターのWTWでも分かりますが、実測する方がやはり確実です。
そして、特に直径が短いと言うことは
1) 前房が浅い、前房体積が小さいということにつながります。
2) 前嚢切開の直径が小さくなって手技が窮屈になる場合もありえます(小生はCCCも計測しています)。

このため前房が浅いことを意識せずに手術を行うと、合併症のリスクが高まったり、術後、角膜内皮変化が大きくなったりということになりかねません。

Y先生と話しているところへ
ある先生がやってきて、
「若い人はOCT(光干渉断層計)ばかりで眼底をしっかり見なくなった。」と嘆かれるので
わたしも自分自身OCTに頼りすぎているような気がして、眼底をしっかり見なくてはけないなあと思っていたところ
「眼底は検眼鏡的に見ることが出来るがOCTを(精密に)読めない人が、現代の、眼底を見きれない人です。」とまた名言を残して去っていかれたボスなのだ。(赤塚不二夫口調)



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 白内障手術 | COM(1) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する