2013-06-02 (Sun)
6月1日土曜日
忙しい外来を終えて
午後1時熊本へ出発。

雨の中、午後4時50分熊本市着。
第83回九州眼科学会場のくまもと県民交流館パレアへ。
会場のビルの1階から8階までは隣の鶴屋デパートが拡張されて入っている。
今時拡大している地方デパートというのは他にあるのかしらん。

アフタヌーンセミナーは加齢黄斑変性に対するアイリーア(アフリベルセプト)のまとめ。

午後最後の一般講演のラストは娘の初めての発表。
「急性両眼性中心暗点を自覚した後頭葉梗塞の1例」

後頭葉梗塞による半盲は最初の障害では気づきにくく
次に起こった対側の半盲によって急性の中心暗点を生じるため
視神経疾患との鑑別が困難であり、しかし診断にスピードも必要であるという報告であった。

御指導の先生方に、父親が申し上げるのもOYABAKAで恐縮ですが、厚く御礼申し上げます。

学会終了後、熊本市の先輩S先生や後輩のK先生から後頭葉梗塞例についての質問や同様の症例についての経験を話してもらい嬉しかった。

その後、ホテル日航での懇親会に出席し、熊本の先生方や日頃お世話になっている先生方とお話が出来、大変有意義であった。
食事の内容も地元らしいメニューが工夫してあって好評であった。

午後9時半から家内と新町の居酒屋Sへ。以前八代市のA先生に連れて行ってもらってとても美味しかったので再訪。
街中から離れたビルの2階にあるSは通好みの日本酒、焼酎、ワインが揃う、大人の居酒屋。ものすごく賑わっている。

刺身も新鮮。ポテトサラダ、ツボ鯛の一夜干し、アスパラの炭火焼き、キャベツとあさりのペペロンチーノや五島うどんなど堪能して九州眼科学会の夜は更けたのでありました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 眼科学会 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する