2013-05-23 (Thu)
5月19日日曜日朝7時半当院出発。
1時間半で椎葉中学校到着。
雨。
日向よりも大分肌寒い。
小学校検診では
セーターやダウンジャケットを着てきた子供もいた。

3年ぶりの検診当番。
この15年で気づくのは
やはり明らかな学童の減少である。

椎葉村人口も5000人から現在の3000人弱に減少している。

このような僻地は日本各地にあると思われるが
医療的な面から見ても将来はどうなってゆくのだろうか。
わが日向市でさえも年々学童が減少している状況は怖いくらいであります。

椎葉の人口は減少しているが
立派な道路はいまなお整備が進んでいる。

ありがたいことであるが
日本全体として
どこかにひずみが出ていないか
気にかかる。

検診が終わるとまだ正午過ぎ。
寒い中、椎葉村の職員の方が買ってきてくれた椎葉のパンがほかほかでとても美味しい。
ジャムとチーズが入っていて田舎のパンとは思えないおしゃれなおいしさ。
少し暖まって、村の車は我々を乗せて日向市へ曲がり道を下り始める。

椎葉村がわれわれの未来を暗示しているとしたら、どのようにするか、というか、どのようになるのが持続可能な幸せなのかしらん・・と思いながら雨にけぶり始めた椎葉の山々を眺めたのでありました。。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する