2013-01-09 (Wed)
マッキンゼーの採用マネージャーを12年間務めた著者が語る言葉はなかなか厳しく、学ぶべきものがありまそうです。
「採用基準」 伊賀泰代著 ダイヤモンド社

伊賀さんによれば
マッキンゼーの採用基準は
①リーダーシップがあること
②地頭がいいこと
③英語ができること
の3つです。

このうち日本の優秀な人が持っているのは②だけであり、 残りの2つは絶望的に欠けています、という言葉が衝撃的です。
もちろん3つを備えている人が少なくない日本の若手医師には失礼かもしれません。ただ確かにアジアの国々の若手医師(40歳以下)の中にはその3つが強烈に備わっている人を見かけます。

日本支社では①、②、③に加えて日本語ができることという4番目の項目が加わり、海外からの留学生の中にこれらの条件を満たす人が現れ始めているという指摘は重要です(日本語を使える外国人採用の増加)。
我々のような田舎の診療所であっても英語と日本語ができる外国人医療スタッフがいると良いなあ、といつも思います。

またリーダーシップに関して、マッキンゼーのOJTは「できるようになったら、リーダーシップを発揮する」のではなく、「リーダーシップは今すぐ発揮してください。できない部分については、次回からどう改善すればいいかを学びましょう」というやり方です、という話も興味深く思われます。

さらに、リーダーとして機能するとわかれば、すかさずより困難な状況を与えられ、日本人だけのチームをうまく率いることができるようになると、多国籍チームでリーダーシップをとることを求められます、ということも非常に重要なことではないでしょうか。
国内では明確な形でのリーダーシップ教育というものは、少なくとも昔の公立中学高校や国立大学医学部ではあまりなかったのではないでしょうか。
わたしの頃はリーダーシップに関連して、精神論ではない、どう身につけるか、どう発揮するかという系統だった技術論みたいなものは聞いたことがなかったような気がします。

小生が言うのも僭越ですが、子供の頃からリーダーシップ教育をきちんと施し、医療その他のキャリアの中で多国籍チームを率いるという機会をぜひ日本の若い世代がより多く経験されると良いと思っています。
WHOやUNICEF、UNHCR もちろん国連も日本の若手が育ってリーダーになってもらいたいものです。

余談ですが、近着の「銀海」に留学記が掲載されています。
日本の角膜学会は留学などの支援ネットワークが特に良く機能していることが伺えて羨ましいというか、頼もしいです。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 教育 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する