2012-08-05 (Sun)
2011年末
クアラルンプール空港へ着き
入国管理へ行くと
入国管理カードが切れていた
入管エリアのカード入れの箱という箱から入国カードが無くなっていた!

他の旅行者も慌てていくつかのデスクの書類置き場を見てまわっているが
どこにもカードが残っていない。

シンガポールから乗り継いで来たため
入国カードについて気が回っていなかったし
CAもなにも言わなかったように思う。

大変困った。
案内係もいない。

ちかくにデスクを出している民間の旅行保険係らしい人に聞くと
カードへの記入はいらないという??

しかし日本から団体で来ている人や
みんな外国人は手に記入カードを持っている。

そうこうしているうちにも入国審査の列はどんどん長くなり
この後クアラルンプール市内で人に会う予定が迫っているため
やむなく列に並ぶ。
事情を係官に説明すればなんとかなるだろうか。
1時間並んだあげく
最後の最後でカードを持ってくるようにと追い返されないだろうか?

ケータイで日本の旅行業者やクアラルンプールの宿泊先ホテルの日本人職員に尋ねてみる。
みなやはりカード記入が不要になったという話は聞いていないとのこと。
トホホ。

館内を見渡していると
一人だけ
係官がクローズドの窓口にいるのを発見し
そこへ行って尋ねるとやはりカードへの記入はしなくて良いとのことだった。

実際、審査ではカードはいらず
両手人差し指の指紋を採るだけで良かった。

どないなっとんねん!(正解 とんねるずのツッコミウルトラクイズ的に言えば・・)

なんじゃそれは!(正解)

どげんかせんといかん!(正解)

入国カードは「近いうちに」備えます (正解)


混雑した日だけ
またはカード切れの日だけカードなしなのか
ごく最近カードなしになったのだろうか

(注:クアラルンプール日本大使館のHPによれば現在も入国カードは廃止になっていない)

ようやく入国管理を出て
荷物のターンテーブルを探すが表示がよく分からない。

係官に尋ねたら
違うテーブルを教えられて迷った。
オーマイゴッド。

最後にはその係官がやってきて
間違ってごめんなさいと、正しいテーブルに案内してくれて
無事にスーツケースも見つかり
ほっと安心。

G病院関係者が待っているリッツカールトン・クアラルンプールへ急いだ。
入国管理所の大混乱を越えると、さまざまな出会いがわれわれを待っていて、とても思い出深い旅になったのでありました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 旅の思い出 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する