2012-05-31 (Thu)
昨年後半からHAAG-STREITハーグストライト社の細隙灯顕微鏡をメインに使っている。
それまではZ社であった。
小生、光学器械はほとんどZ社。
(Z社のみなさま今週はシラスOCTのバージョンアップお世話になりました。当院では視神経乳頭のマップとハンフリー視野が一緒に提示できるようになりました。素晴らしい。)

しかし、当院のZ社スリットランプはなぜかゴールドマン眼圧計がどうしても使いづらかった。

ハーグは特別切れ味が良いわけではないと思うが、眼圧計がさすがにきちっと決まって使いやすい。
またなんといっても光源がLEDになっているのは効果的である。
光量もアップ。
ランプの持ちが良いのもやはり有り難い。

細隙灯顕微鏡のランプは外来が混んでいるときに切れる
というマーフィーの法則?を実感している医師も多いと思う。
敬愛するK先生が愛用されているのも納得。

またステレオ・バリエータ-もやはり眼底を両眼視しやすく、便利である。
黄斑の診療はもちろん、緑内障診療においても有用。

ステレオ・バリエーターをつけると鏡筒が前後に長くなる。
これは小生の場合、背筋を伸ばして診察する姿勢につながり、かえって良いと思う。

大学病院で少しくたびれた古いハーグを使っていた医師は、ハーグのがたつきが気になったり、古い器械と捉えている方もいるのではないかしらん。
しかし最近のハーグ社スリットはスイス製らしい、しっかりした作り込みがされていて、操作感がかちっと決まり、気持ちよい。

細隙灯顕微鏡はかなり好みが分かれるものなのですが、HAAG-STREITが結構気に入っている今日この頃であります。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 眼科診療 | COM(0) | TB(1) |







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
まとめtyaiました【LED眼科】
昨年後半からHAAG-STREITハーグストライト社の細隙灯顕微鏡をメインに使っている。それまではZ社であった。小生、光学器械はほとんどZ社。(Z社のみなさま今週はシラスOCTのバージョンアップお世話になりました。当院では視神経乳頭のマップとハンフリー視野が一緒に提?... …
2012/05/31 21:53  まとめwoネタ速neo