2012-05-13 (Sun)

BS朝日「小澤征爾さんと音楽で語った日」(5月6日)

水戸室内管弦楽団のリハーサルにおいて
25歳のソロ・チェリスト宮田 大さんに対して
小澤征爾さんが
体調不良を押してくりかえし指導する。

音楽バカになれ
下品に下品にゆけ
性格が良すぎる

もっと自由で型破りになれ
ということらしい。

練習の時は疲れて
くすんだ表情も見せた小澤さんが
本番で指揮しながら宮田さんを見詰める表情は厳しく、存在がさすがに大きく見えた。

その次のコンサートでは小澤さんが体調不良にて休み、楽団員のみの演奏となった。
突然の変更に対して、会場のファンが怒るという一幕があり
水戸芸術館館長であり、高名な音楽評論家である、98歳の吉田秀和さんが凛とした声で事情説明を行う姿にも感銘を受けた。

音楽自体とは離れるけれど
小生の高校時代に一世を風靡した「赤頭巾ちゃん気をつけて」(庄司薫著)
において、父親が主人公を「無事これ名馬」と評して、
本人もほめられているんだかなんだか、とつぶやくのであるが
開業19年の今、無事これ名馬という言葉の重みが少し分かって来たような気がする。

指揮者は高齢になってもますます活発に活動される方も多いけれど、健康管理は大変なことと拝察する。小澤さんは大病をされた後だけに心配だ。日本の本当にかけがえのない至宝、小澤征爾さんがなんとか体調を回復されますように。

さて小生、開業以来19年間休んだことはないけれど
やはり体調に気をつけるようになってきた。

近くの診療所まで車で通っていたのを(コンピュータや書類の鞄が結構重い)
最近歩くようにしている。
といっても往復2000歩程度。
田舎ではネクタイ・ブレザーにデイパックをしょって歩いたり、国道の横断歩道を渡ったりするのも結構気恥ずかしい。
しかし通勤の時に運動しないとなかなか時間が取れない。
少し遠回りしたりしては万歩計をのぞき込んでいる今日この頃であります。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 音楽 | COM(0) | TB(1) |







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
まとめtyaiました【小澤征爾さんと音楽で語った日】
BS朝日「小澤征爾さんと音楽で語った日」(5月6日)水戸室内管弦楽団のリハーサルにおいて25歳のソロ・チェリスト宮田 大さんに対して小澤征爾さんが体調不良を押してくりかえし指導する。音楽バカになれ下品に下品にゆけ性格が良すぎるもっと自由で型破りになれとい... …
2012/05/16 19:56  まとめwoネタ速neo