2012-02-28 (Tue)

アブダビのハイアット・キャピタル・ゲイト・ホテルにて
ラクダのミルク・チョコレートを見つけた。

板チョコが一枚だけ
キャメル色のボックスに入っていて
その表面がちょっとラクダらしい手触り感を出している。

世界眼科学会アブダビのガラ・ディナーはエミレーツ・パレスの広大な庭で行われた。
民族音楽と踊りが延々と続き、ゴージャスな会であった。
夜は気温も下がって、海風が心地よい。

会にはラクダと鷹も来ていて
参加者も写真を撮ることが出来た。
ラクダはとても優しい目をしていて、大人しくて、なでると思ったより柔らかい毛で覆われている。
鷹は興奮しないようにするためか
皮の帽子で目隠しをされていた。

ラクダは座って首をあげているのだが
時々疲れて?首をおろそうとする。
すると、ラクダ乗りのおじさんが首のロープを引き上げて
首の姿勢を保たせるのであった。

文句も言わずに首を上げ続けるラクダさんが
とても健気(けなげ)で
夜も更けてきたし
そろそろ休ませてもいいんじゃないですか
と、そのちょっと怖そうなおじさんにお願いしたくなるのでありました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 旅の思い出 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する