2012-02-17 (Fri)
今、成田空港です。

先日書きましたけれど
世界眼科学会(World Ophthalmology Congress WOC)出席のため、アブダビ(アラブ首長国連邦UAE)へ出発するところです。

創傷治癒と濾過胞問題
(Wound healing and bleb problems)
というテーマのシンポジウムに参加予定です。

Paul Permberg教授 Peng Khaw教授ら米英の専門家と山本哲也教授に挟まれています。
その後のパネルディスカッション付き。トホホ。

わたしには荷が重いのですが
招請を受けて、つい参加しますと言ってしまったことを少し後悔しつつ
とにかく頑張らなければ、と思っているところです。

幻冬舎の見城 徹さんが
「憂鬱でなければ、仕事じゃない」
という題名の本を出されていましたが
本当に今回は大きな、憂鬱と言いたくなるようなプレッシャーを感じます。

プレッシャーがないとすぐ怠けてしまいそうな自分には良い刺激だと自分に言い聞かせつつ
聴いてくれる先生方のご迷惑にならないように
創傷治癒に関する基礎研究の経験はありませんが
トラベクレクトミーにこだわらないですむ初期症例
ステロイド緑内障
特に落屑緑内障に対して
トラベクロトミーを、下方から
白内障と同時手術をすると悪くありません
トラベクレクトミーの改善のためにはさまざまな術式を症例に応じて常に模索することも大事ではないでしょうか
という発表をする予定です。

Trabeculotomy ab externoをステロイド緑内障や落屑緑内障に対して意識的に行っているのはおそらく日本だけではないでしょうか。

過大評価はできませんが
自験例からは過小評価ももったいない
と感じます。

この研究を支えてくださっている
N眼科K先生、T先生、F先生
M眼科M先生
S眼科K先生
S眼科S先生
当院のO先生
留守をお願いしている大学の先生方
発表内容についてコメントを頂いた先生方
そのほかの皆様に深く感謝しています。

昨日くらいから
ちょっと軽い頭痛がするのは
疲れからかな

と思っていましたが
おそらく花粉症の始まりではないかと思います
花粉症から遁走し
しかし、エティハド航空のエアバスに乗り
学会に突撃?してゆくわたくしであります。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 緑内障 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する