2012-01-06 (Fri)
12月31日
クアラルンプールのホテルアーケードを歩いていると
クロコのハンドバッグがディスプレーしてあって
取っ手の下に
真珠が葡萄の房のように盛ってあった。
ブレスレットにも真珠が盛ってある。

ホリデーシーズンらしくてとても良い。

Diorだったと思う。

そして
紅白で観ると
LADY GAGA のサングラスも真珠盛りであった。
真珠盛りというのがはやっているのかしらん。

小生、結構「盛り」という感じは好きである。
とにかく景気が良いではないか。

景気が良いと言えば大間産のクロマグロに5649万円をつけた、「すしざんまい」木村清社長の「男気」(®とんねるず)。
いい話である。値段がつけられないホームランを打たれたと思う。

そうそう真珠でしたね。 真珠といえばジャッキー(ジャクリーヌ・ケネディ)であり
盛ってあっても品が良いのは真珠だけかも知れない。

さて真珠は英語でPearl 。
米国の眼科学会では
Pearls とは精華というか、重要ポイントというか
10 Pearls in Glaucoma Surgery
などというセミナーがあったりします。

さらに白内障手術後に水晶体嚢内面の水晶体上皮細胞が変性した、半透明な魚卵のような混濁を示し
視力の再低下を示す病態を
Elschnig’s pearls (Elschnigはオーストリアの眼科医 1939年没)といいます。

こればかりは「盛り」は困りますけれど。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 眼の病気 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する