2011-09-08 (Thu)
最近あらゆるものがコモディティ化(安物化またはありきたりになるというような意味)しているような気がする。

ハーバード大学経済学部教授ケネス・ロゴフは
得意なチェスに例えて
コンピュータはチェス名人をしのぐまでになっており
極めて精緻でユニークだと思われている技術をありきたりな技術に変えてしまうだろうと予測している。
(ニューズウィーク誌日本版)

ロゴフ教授は、高等教育さえもコモディティ化してゆく可能性が高く
大学教育の差が所得格差に与えている影響を縮小させ
(世界の隅っこでも一流大学に匹敵する教育の機会がIT化によって得られる)
世界の所得格差をかえって縮小させるのではないかとも予測している。

医療も徐々にコモディティ化しつつある。

中国の僻地やチベットなどへの白内障手術援助がこの25年でほぼ不要になりつつあるように、世界の医療水準が上がってきている。

医療のコモディティ化を促進するのは
テクノロジーの進歩である。

白内障手術もレーザーですいすいと行われたり
緑内障手術もレーザーを照射したり、小切開角膜創から入れた特殊な器具を隅角に差して、はい、終わり、などという時代が到来するかもしれない。

ちょっと大げさかもしれないが、眼科外科医もその貴重な、長年に渡って鍛えた技量を発揮する場を失う日が来るかもしれない。

コモデティ化しない技術とはなにか。

すべてがコモデティ化したその時、眼科医はなにを持って、自らの診療のコモデティ化に立ち向かうべきなのでありましょうか。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 眼科手術 | COM(0) | TB(1) |







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
改善率90%以上の緑内障改善法とは?
「失明したくない」「眼圧が下がらない」と緑内障でお悩みではありませんか?実は鐔ぜ蟒僂簗瑤僕蠅襪海箸覆?估眈磴魏韻垢詈,?△蠅泙后 …
2011/09/11 08:05  緑内障でお悩みのあなたへ・・