2011-08-21 (Sun)
母の初盆を終えて初めての日曜日だ。
雨。

初盆というのは、なぜか疲れる。
父も亡くなり、母も急に亡くなったため実家を管理出来なくなった。
そのため初盆をどうするかが問題だった。

わたしの家はコンクリート打ち放しの「ワン・ルーム・ハウス」なので
仏壇を置きにくい。

結局部屋を改造して小型の仏壇を置くことにした。
仏壇を買いに行った先の若いご主人がとても詳しくて
いろいろ教えていただいた。
というか勉強しないと売ってもらえない感じで、かえって好感が持てた。

商品知識に詳しく、自分の商品が好きだという態度が爽やかに出ている人は本当に好ましい。
仏壇も「シック」にそろえるとなかなか美術品らしくなり、思っていたより収まりが良い。
心があらたまる。

お盆の前とその間、家内は忙しかったものの、わたしは周囲の人々のお世話のおかげで
たいしたことはせずにすんでいるのに
なんとなく心身が倦怠した。

それが初盆であり
自宅の盆かも知れない。

わが日向市周辺では初盆の家に盆踊り隊が訪れて
盆踊りを奉納というのか、踊ってくださる地域もまだある。

盆踊りの人々に酒や食事を振る舞うのだそうだ。
ありがたいが我が家ではとてもそこまでがんばれないだろう。
盆直前まで外来診療を行い、家内も年間の会計が丁度終わる時期なので、会計事務所の職員と数字・書類の確認のため忙しい。

それでももし盆踊り隊が来てくだされば、
(地域が違うので、無理なのだけれど)
賑やかなことが好きだった
父と母が喜ぶだろう。

ちょっとばかり御願いしてみたい気もする初盆の盆踊りなのでありました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する