2011-08-11 (Thu)
盆休みが迫り、忙しい。
先週からさまざまな用件で忙しい。
要するに要領が悪いということだけれど。

通常の外来に加えて
月曜日までレセプト・チェックが残っていたし
夜は治験研究の打ち合わせもあった。
火曜日夜はお通夜のため宮崎へ。
水曜日夜はN市医師会と日向東臼杵郡医師会の合同理事会。

夜中はタイのプリンス・ソンクラー大学眼科に交換研修に行っている娘からのSkypeも来る。
時差が2時間あるので、向こうが午後10時だと、こちらは午前0時を過ぎる。
英語とタイ語に苦労している中にも研修の実があがっているらしいが、初日はものすごく蚊に刺されるというので心配した。
デング熱など、油断ならない。
タイの蚊は日本の香取マットくらいではなかなか退散しないらしい。
(PSUの先生方、大変お世話になっております。よろしく御願いいたしますね。)

盆休み前は内眼手術を控えて
外眼手術のみにしている。
水曜日午前の外来が押してオペ開始が遅れた。
翼状片、翼状片、翼状片、翼状片、翼状片、翼状片・・・・とオペして
午後最後の眼瞼下垂オペが終わったのが
午後7時すぎ。

理事会は午後7時開催。
30分遅刻して恐縮しながら出席。
宮崎県北の救急医療が医師の減少、負担の増加で苦しい中
意見交換し、懇親を深めることには大きな意義があるようだ。

この合同理事会は
各理事が自己紹介を兼ねて
医師会の職務の状況やジョークを言うのが習いらしく
各理事とても面白いお話をされる。

昨年も書いたけれど
まだまだ若く元気な某先生が電車の中で
過労のためか心肺停止になり、偶然、救急蘇生講習会帰りの一団と同じ電車であったため、一命を取り留めた話の続きが今年も圧倒的である。

本人いわく、そのおかげ?で
様々なところにAEDが導入されるきっかけを作られたことになっているらしい。

小生は挨拶前に
焼酎を飲んでしまったせいか
(180対1のお湯割りだったのだけれど)
なかなか頭が回らず
当院は全身救急にお世話になるばかりという負い目もあり
いまひとつ笑いも取れず、「寒い」挨拶になってしまった。

当院では年に1回程度
全員が「すべらない1分間スピーチ」をするという飲み会をしている。
先週その会を行った。
真面目な仕事の話、ほろりとする話、爆笑談、みんなとても面白く感心した。

このようなとき天然におかしみを出せる人は
最強である。

さてその会を司るわたしがすべっているのはどうしてか。
話になにか自然さが欠けているのか
などと理屈を考え始めている時点で
すでにすべっているわたしでありました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 眼科診療 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する