2011-07-24 (Sun)
先日NHKBS アジアXゲーム ハーフ・パイプの優勝者安床武士(やすとこ たけし)選手のインタビューを見ていささか驚きました。

英語の受け答えもネイティブのように答えてとてもナチュラル。
彼は9歳からこの種目(というのかしらん)に参戦しています。

米国で教育を受けたことがあるのかも知れません。
またXゲームは選手達が一緒にツアーするため、選手同士でコミュニケーションをはかる機会が多いのではないかと思われます。

余談ですが、ここまでは行かなくても、ゴルフの石川遼くんには米国でのインタビューに英語できちんとゴルフ哲学を語って欲しいと思います。

英語で悩んでいるものとして思うに、またあらゆる英語学習書が書いているように、聞き流しだけによって本格的なインタビューに役立つ英語力を身につけるのは難しいかもしれません(もともとの英単語力が1万語超レベルでもだめらしい):
「残念な人の英語勉強法」 山崎将志 幻冬舎。

石川くんはキャディさんを英語ネイティブにしていつも英語でゴルフ戦略を語りあうのが良いと思います。
わたしも英語ネイティブの外国人医師にフェローとしてついてもらって英語力をあげたいとよく思います(制度上無理ですが)。
昔の人でいうと大橋巨泉さんはこのパターンで英語力を磨いていました。

安床選手は兄弟ともに有名選手です。
Xゲームをもしかしたらヤンキーな(失礼)マイナー・スポーツと思うかもしれませんが、結構大事な、coolなスポーツだとわたしは感じます。
ちなみに上海Xゲームのメインスポンサーは韓国の自動車会社KIAです。
なかなかあなどれません。
さらにちなみに、サッカーのコパ・アメリカの自動車スポンサーもKIAです。

さて、この二人をどう育てたのでしょうか。
寡聞にして、メジャーな媒体では見かけたことがないのですが、ぜひさまざまな観点から安床兄弟を取材すると面白いのではないでしょうか。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 英語 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する