2011-05-29 (Sun)
今週の白内障手術も
チン小帯が弱い例が多く
気を遣った。

8割の例がチン小帯脆弱
半数がAVD(Anterior vitreous detachment)であった。

カプセルサポーターは1例のみ使用。

九州の地理的に比較的孤立した田舎であるためか
核が固く、チン小帯脆弱、AVD+チン小帯バリアー破綻、高齢・落屑症候群・白内障という例が当院は多い。

このようなときアルコン社のInfiniti Ozil IPシステムはかなり役立つ
吸引、流量、還流量を低設定としても、核破砕効果が落ちないので、慎重に固い核を処理するのに効果的である。
ただ時間は掛かる。

核片が寄って来にくい時もあるのでやや「かったるい」
チップの先にというか横に核片があるのに入ってこない。

このような時、ハンドピースの先(チップ)を後嚢に注意して細かく振ると、流体力学的に変化を生じて、核片が寄って来やすく、破砕しやすいように思う。

シェケナベイビー!
である。

これはもちろん、全く他の医師には勧められないが、現象として、そのような気がする。

シェケナベイビー
といえば内田裕也「さん」であり
(彼はいつも業界内ではさん付けで呼ばれていた)
有名なのは沢田研二を有するザ・タイガースを見いだして檜舞台に出したこと。
またビートルズが来日した際の前座を務めた。


昔、ビートルズの曲 Twist and shout!
冒頭において
ジョン・レノンがシェケナベイベー、ナウ
と歌っていて、
シェケナベイべーとはなんのことか
よく分からなかったけれど

Shake it up baby now ! “

さあ、腰を振れ!
ということだったようだ。
ビートルズ ツイストアンドシャウト

白内障手術もほんの少しだけなら、twistしてみても良いのかも
そう思ったわたしでありました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 白内障手術 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する