2011-05-08 (Sun)
眼科学会でフロリダ、ニューヨークと旅している。
現在、アメリカのCNNには日本政府(外務省)による大震災支援感謝CMが流れている(4月25日から5月15日まで)。
富士山をバックに静かに君が代のメロディーが流れて、感謝のコメントが流れる。
最後になぜか非日本人の発音でアリガトゴザイマスと締めくくられる。
あたかも日本が沈没したかのような沈鬱さである。

どうして
現場で頑張る自衛隊員や前向きな被災者の方、ボランティアをもっと出して、大丈夫、元気です!というメッセージにしなかったのだろうか。

Concernされていたら
Thank you. I’m great!
ではないかしらん。
制作時期が早かったはずなのでこのようなムードだったかとは思うが、それにしてもなんとかならなかったものかしらん。
フロリダでやけに目に付くようになった韓国車を見ながらそう感じた。

今回米国滞在中、外国の先生方には、また、ニューヨークではわたしが日本からのvisiting doctorであると紹介されると本当に心からのお見舞いの言葉を患者さん達からもいただいた。
本当に有り難い。
そして実際、すでに日本は元気なのだから、以下のように答えたのでありました。

日本は元気です。しっかり回復中です。
本当にありがとうございます。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 国際問題 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する