2011-04-28 (Thu)
フロリダでのARVOが近づいて来た。
いろいろあったけれど、予定を遅らせて5月2日夜に羽田から成田へ移動。
3日朝、成田発、JFK経由でフォートローダーデールに入る予定。

演題は閉塞隅角緑内障の画像診断
AS-OCTによるLens Vaultの診断価値について

対象症例も100例を超えてきた。
Lens vaultは前房深度よりも閉塞隅角を鋭敏に示す。
中国のように閉塞隅角が多数例存在し、未治療、進行例も多い地域では
AS-OCTのように医師がいなくても検診できる装置が威力を発揮するかも知れない。

隅角をドクターが見ていては間に合わない。
超音波生体顕微鏡も手間が掛かりすぎ、熟練した検査スタッフが必要である。

発表はポスター。
5日の最終日である。トホホ。

さて問題はポスターを入れる筒がえらく荷物になることである。
忘れはしないかと気に掛かる。
A4などのプリントの貼り合わせでは、内容が良ければそれでよいと言われれば、その通りなのだが、何とはなしに気合いが入らないのも事実。

昨年は現地フォートローダーデールのキンコーズにデータを送って地元でポスターを受け取れないか研究したが、よく分からず、断念した。
日本にもフェデックス・キンコーズのポスター作成サービスがあるが、レイアウトなどかなり制限がある。

ご存じの方も多いかも知れませんが、今回ARVOではポスター作成、会場渡しのサービスを開始!
早速発注したので、今回はポスターを持ち運ぶ苦労から解放される。
嬉しい。

しかし、そう、
本当に大丈夫?と懸念をいだく日本人眼科医もいるのではありませんか?
正直わたしも現地で「なんでそうなるの?」みたいなトラブルがちょっとばかり気になる。
とにかく想定外の出来事に備えるのが大事だと身にしみている昨今でもあります。

そこで今回はお試しも兼ねて「シワにならんクロス」での布製ポスターを予備に作って、参加することにしました。
しわが気になればアイロン掛けなさい、というのもちょっとどうなのか。
経験者は賛否両論であるが、初心者としてはいろいろ試してみることに致しました。

無事ポスターを手に入れ、貼ることが出来ますようにと祈っているところであります。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 眼科学会 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する