2011-04-24 (Sun)
さまざまに忙しい一週間だった。
土曜日の外来も忙しい。

午後2時半
日向市東臼杵郡医師会立日向看護高等専修学校へ急ぐ。

今日から眼科の講義2コマを4週間にわたって行う予定。

今回は眼球の断面図の解剖図に名称を記入できるようにと予習の宿題を出していた。

冒頭からテストすると30人中20人が満点だったのでびっくり。

こんな真面目な学年ははじめてである。
ついに優秀な学生が集まるようになってきた。

学生にコンタクトレンズ装用者が多いので、コンタクトレンズを切り口に
屈折異常
コンタクトレンズの種類
ハードレンズ、ソフトレンズそれぞれの特徴・機能
長所短所
レンズケアの重要性を説明し
角膜の生理学について話す。

結構細かい話をしたが、ほとんどの学生が眠らずに熱心に聞いてくれたのにまた驚く。
自分も調子が出てきたところで残念ながら終礼となってしまった。

私の診療所は10年以上永続勤務する職員が多く
看護学校新卒を採ることは余りなかった。

今の2年生なら大変期待できる。
今年の新入学者はさらに優秀らしい。
競争率も高くなっている。
看護学校ほど学費の支援システムが充実し、看護師ほどやりがいがあって、就職が安定していて、給与も良いという職種はいまやなかなかない。

医療を支えるために当地の医師会が辛抱強く看護学校の運営に取り組んできた成果がでてきているのだろう。

熱心な看護学生達に出会って嬉しくなったわたしでありました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 看護 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する