2011-04-15 (Fri)
福島第1原発事故がレベル7評価に引き上げられたことに関し
BBCはSeven is not a lucky number と題して特集していた。

わたしは昔々、水俣病の審査会委員の末席に連なったことがある。
福島原発の展開は、杞憂だとは思うが、水俣病の初期に似ている気がしないでもない。
ほとんど前例のない水銀中毒の可能性について警鐘を鳴らす地元医学者の声を高名な研究者が重要視せず、国も企業も姿勢を明確にしきれず、公害が徐々に拡大してしまった。

原発の放射能汚染について、地上波には出ない(出られない?)武田邦彦教授の意見
(朝日ニュースターでその話を聞いていささか心配になった)を念のため頭に入れておく方が良いのかも知れない。
武田邦彦教授のHP

さて、身内に不幸もあり、バタバタしながらオペ室に入ったところへ
両眼急性視力低下(m.m.)の患者さんの紹介があり
手術の合間に検査と脳外コンサルト指示。

手術もこのところ難治例の方が少なくない。
詳しくは書けないが
本日のある患者さんの白内障手術は
落屑があり、核が固く
小瞳孔で瞳が広がらないため
瞳孔を虹彩フック4本にて拡大。

白内障の前嚢切開をすると、チン小帯が脆弱なため、水晶体が相当グラグラである。
さらに前嚢縁をカプセル・エキスパンダー3本にて支えながら
超音波白内障手術を終了。

確かに7はラッキー・ナンバーではない。
いや手術が成功してやっぱりラッキー・ナンバーと言うべきか
などと考えている間もなく
緑内障の患者さんが搬入されてくるのでありました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 白内障 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する