2011-04-01 (Fri)
原発問題は問題解決の技法についてさまざまなことを問いかけています。

僕の代数は学校で教わったのではなく、屋根裏の物置で見つけた叔母の古い教科書を自分で学んだものだ。
おかげで
問題の目的は要するに x が一体なんであるかをつきとめることにあり
その答をどのやり方で出したかなどどうでもいいんだということを悟ることができたのは、実に幸運だったと思う。
リチャード・ファインマン

福島第一原発の困難な状況について日本の関係者がそれぞれの思惑や立場を捨てて、さまざまな解法をトライすることを期待したいと思います。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| マネジメント | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する