2011-03-29 (Tue)
先週土曜日、熊本眼科集談会の発表を無事?に終えて懇親会へ。
先輩に涙液と房水の研究について話を伺ったり
若い開業医とマルチフォーカル・レンズについて話したりしているとなにも食べる暇がない。
その後、同窓の友人達と干物やピザが美味しい居酒屋さんへ繰り出した。

気兼ねがない同窓と話すと、可笑しいくらいみんな悩み?が共通している。
女性軍は、言って良いのかしらん・・
更年期の問題。

男性軍は仏壇の問題である。トホホ(笑い)。

そんな年齢になったのでありますね。
しかし勉強になるなあ。

深夜まで話が弾んでホテルに帰り
さらに同じホテル宿泊の先輩O先生に一同で表敬挨拶?をして
午前2時に就寝。

翌朝日曜日朝NHKの将棋番組を眺めていた。
対局していたのは羽生さん。

先日読んだ彼の本を思い出した。
眠る暇もない菅直人首相に羽生さんの言葉を届けたい。

次の一手の決断プロセス(直感・読み・大局観)

① 全体図を把握する、理解すること。全体を大雑把に、概要として理解するのが最初のアプローチ
② 明らかにプラスにならず、マイナスにしかならないという手を瞬間的に捨て去ること
③ 幾何学的なアプローチとして、その局面を「形としてどうか」という目で見ること
④ ピントを合わせるように、どこが一番のポイント、急所なのかを、瞬間的に選択すること

「結果を出し続けるために」 羽生善治著(日本実業出版社)


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| マネジメント | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する