2011-02-24 (Thu)
クライストチャーチ地震の報を聞いてヒヤリとした。
学校は違うが、息子が2年前の夏に語学研修に行っていた。
今回の日本人学生の受難は人ごとではない。

息子が行っていたクライストチャーチの語学学校はシステムがきっちりしていて熱心であった。
街も適度に都会で適度に田舎であり、治安も良く、語学研修に最適な環境だ。
日本人学生が多いのも頷ける。

日本の国際緊急援助隊もかなり迅速に出発していった。
とはいえ救出は時間との闘いだから、受け入れ側との調整も大変だろうが、もっともっと速く投入できないのであろうか。

神戸市長田区にあった小さな製薬会社、万協製薬が神戸地震で被災し、そこから社員を大切にした新しい製薬会社に再生してゆく物語を社長の講演で聴いたことがある。

神戸の震災時、当時の村山首相が近くに駐屯していた自衛隊の出動をもし速く決断できていたら、実感として6000名の死者が半減したのではないかと(あくまで個人的な感覚的なものかもしれないが)社長さんが悔しそうに話していたことを思い出す。
万協製薬

未曾有の地震に村山首相と言うより政府や行政自体が準備不足であったということのようだが、この痛ましい経験から日本は大きな教訓を得た。

語学学校「キングスエデュケーション」の入っていたビルは地震前の写真では一見しっかりしたビルのように見えるが倒壊の程度が甚だしい。
地震も大きかったのだろうが、耐震設計という思想が国外にはあまりないと聞く。
地震時の救護活動のノウハウや耐震設計という思想を日本発で世界に広めてゆくことはとても意義あることと思う。
冷泉彰彦のコラム

国際緊急救助隊の奮闘に期待しています。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 国際問題 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する