2011-01-30 (Sun)
Asia ARVOおよびSNEC21周年講演会の特別講演は著名な眼科研究者の講演が多数行われ勉強になった。

眼窩疾患で高名なJack Rootman教授(カナダ)は
冒頭、

The real voyage of discovery consists
not in seeking new landscapes but in having new eyes.

Marcel Proust

というスライドを出された。

マルセル・プルースト
「真の発見の航海とは、新しい風景を探すことではなく、新しい眼を持つことにある。」

Rootman教授は眼窩疾患治療における1970代のrulesを自ら破りながら、治療を改善してきた歴史を振り返られた。

J Rootman
Why “orbital pseudotumour” is no longer a useful concept
Br J Ophthalmol 82:339-340, 1998.

すでに存在する診断名や治療方針が実は疾患本態からずれているということは少なくない。
そのため、従来の治療法が否定され、新しい治療法が提案されるがその道のりは遠く険しい。

神経眼科領域においても、球後視神経炎に対して最初にステロイドパルス療法が米国において推奨され始めた頃(20年以上前)、その治療法を地方会で研修医に発表してもらうと、当時としては当然であったが、ベテランの先生方は当惑された。

球後視神経炎はステロイドを30mgも内服すれば良くなる例も少なくないのに
メチルプレドニゾロンで1000mgも点滴静注するなどとんでもない。
さらにプレドニゾン60mgから後療法するなんて、と。
(Beck RW et al. N Eng J Med 1993)

眼窩吹き抜け骨折についても、画像診断上、外眼筋の嵌頓がなければ、眼球運動障害があっても、経過観察して、手術適応を慎重に決定するということが、すでに1970年代に米国医学雑誌に掲載されていた。
(手術を勧められた後に拒否して、手術しなかった患者さんを後に聞き取り調査したところ、自然に回復していた症例が予想以上に多かった)。

しかし本邦ではすべて早い時期に手術をすると良く治る
という方針が根強く生きていたように思う。

(早く手術すれば、手術しなくても良くなる例が混じる可能性があり、治療成績が向上するかも知れない。

もちろん現在は洗練された手術を早期に適切に行うと、複視を改善するだけでなく、美容的な問題も最小限にとどめることが出来ると思われる。

眼形成外科のN先生が眼窩吹き抜け骨折はできるだけ早期に手術をと言われているのは、現在の正確な診断法によって手術の適応をさらに厳密に診断し、手術が必要なほど重症ならすぐ手術を、ということではないかと思う。)


1990年頃、あるVIPの子息の眼窩吹き抜け骨折を紹介され
両眼性複視の自覚はあるが、眼球運動障害も痛みも強くなく、外眼筋の嵌頓がないため、慎重に経過観察していたら、すぐに手術をしてもらうようにと告げておられた紹介先の病院から、これもお立場はよく分かるが、大分心配した問い合わせがあったりしていささかプレッシャーを感じた。

その患者さんは手術なしに複視も消失し、美容的にも問題なく治癒した。


Rootman先生の言を勝手に意訳すると以下のようになるだろうか。

発見は、新しい疾患をみつけることにあるのではなく
すでに存在する疾患を新しい切り口で見つめ直すことにある。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 眼科学会 | COM(1) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する