2011-01-27 (Thu)
(話が戻ります)
シンガポールでのAsia ARVOが終了し
1月22日土曜日午後10時半のANAで羽田へ出発。

食事も取らず、寝ようとしたが
話題の映画「ソーシャル・ネットワーク」をつい出だしだけ見てしまう。

モデルとなった「フェース・ブック」のザッカーバーグがハーバードを鼻に掛けた、かなり嫌な、しかしヘンな魅力を持つ若者として描かれていてびっくり。
サイトのアイデアがどのくらいの価値を持つかについて
弁護士が入って巨額の交渉になるなど
興味深い。

いかんいかん、早く眠るつもりだったとアイマスクを付ける。

結局余り良く眠れず、午前5時過ぎ羽田着。

こぢんまりとした到着ロビーにANAおよびJAL国内線のチェックイン・カウンターがあるので、そのまま、またスーツケースを預けて身軽になれる。
素晴らしい。

国内線第2ターミナルへ移動。
午前6時半。
宮崎へ帰る便を午前9時5分発から7時30分発ANA601便に早めてもらう。

チェックインした荷物をもう一度戻してもらう必要が生じたが
15分で荷物が届く。
早い。

朝ご飯を買おうと空弁のお店にはいると
ケツメイシの、なんていう歌なのか、とにかくちょっと泣かせる歌が流れていて
なぜか、ああ日本だなあと思う。

無事午前7時45分のANAで宮崎へ出発。
羽田からのアジア便はとても便利。
宮崎からだと、夕方まで通常通りの外来をして、夜中発の便に間に合うので、福岡から翌日午前に出た場合や成田泊して翌朝出た場合に比べて、翌日昼間の半日(ということは仕事上まる1日)を節約できる。

帰りも始発便に間に合うので
日曜日をほとんど自宅で過ごすことが出来る。
月曜日から忙しい外来が待っているので有り難い。

機材(シート)がちょっと「しょぼい」可能性はありますが、羽田発アジア行きは忙しい人には確かに便利と実感しました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| シンガポール | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する