2010-10-31 (Sun)
10月30日火曜日午後から
宮崎大学医学部4年生に講義
「小児眼科」

小児眼科の
ポイントは
弱視
斜視
白色瞳孔
未熟児網膜症
先天白内障
先天緑内障
である。

昨年知識網羅型に切り替えて
講義しようとして
われながら全然盛り上がらなかった。

医学部4年生は眼科学のようなマイナーな分野について
限られた講義コマ数では十分な知識を持つことが出来にくい。
少なくとも非常勤講師の立場としてはテーマを絞り込んで話す方が良い気がする。

今年は眼球運動の復習と
弱視に力点をおいて話した。

学生は年度によって随分反応が違う。
今年は講義中に質問する学生もいて
活気があり、とても良かった。

教える側に立つと質問してくる学生が最も嬉しい。
指したときに、間違えて良いからすぐ答えてくれる学生も有り難い。
正解よりも間違えてくれた方が
講義を進めやすい。
学生の理解のレベルも分かるし
リズムが出る。

医学的弱視においては
適切に眼鏡矯正をして
網膜に鮮明な画像が映っていても
画像が鮮明に知覚されない
という状況は少しわかりにくいようであった。

黒板にイラストを書いて
説明すると皆分かってくれたようだった。

よく分かったという人はパー
もう一つよく分からないという人はグー
皆さん手を挙げてください
と確認。

そうすると
講師が思っているほど
学生や聴衆が分かっているわけではないことも少なくない。
相手が本当に分かっているかどうかの確認はその場でしなくてはならない。

囲碁界初の五冠王、張栩(ちょう う)さんの手記によると
彼のお父さんは晩ご飯の後
政治・社会や囲碁の話をし
すぐに
さあわたしの話をまとめてみろ
と言っておられたらしい。

それが自分の理解力、まとめ力を養成するのに役立ったと述懐している。

学生諸君へ

わたしの話のポイントは
外眼筋の機能解剖は
上は下
下は上
斜は直の下
上斜筋は内廻し

小児の視機能発達にはタイムリミットがある。
弱視は見つけ次第、屈折検査、眼鏡矯正。
健眼遮蔽。

先天白内障
先天緑内障は見つけ次第手術

内斜視と外斜視は考え方が違う。
純粋な屈折性調節性内斜視は調節麻痺剤を用いた屈折検査を行い
そのデータに基づいて適切な眼鏡矯正下に眼位の正位化を目指し
手術をしない
と言う点であります。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 医学教育 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する