2010-10-24 (Sun)
10月2日土曜日夕刻
日向市文化交流センターにて
民間のS病院創立40周年・新築落成祝賀会へ

コンサート会場に400名の招待客。盛会であった。
40年間地域の病院として支持され
円滑に次の世代に受け継がれてゆくということは大変なことである。

同病院の会長はジャズ好きで文芸にも御造詣が深い。
親友山田英二さん率いるフライング・ハーツ・オーケストラと
5名の女性ジャズ歌手がスタンダードを歌うという趣向。

その中でリーダー自身が歌った「私の青空」が不思議に懐かしかった。


夕暮れに仰ぎ見る 輝く青空
日暮れてたどるは 我が家の細みち
せまいながらも楽しい我が家
愛の日影のさすところ
恋しい家こそ私の青空

戦後成長期の歌かと思っていたが
これは戦前の歌だ。
そして戦後にリバイバルヒットした。

A smiling face, a fireplace, a cosy room
A little nest that nestles where roses bloom
Just Molly and me
And baby makes three
We’re happy in my Blue Heaven

青い天国を青空と訳した堀内敬三の感性はすごい。

狭いながらも楽しい我が家
恋しい家こそ私の青空

家族のぬくもりの大切さに改めて想いを馳せた
40周年記念祝賀会でありました。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する