2010-10-02 (Sat)

北京(APAO)
9月18日土曜日
夕刻からアマン・サマーパレス北京にて夕食会

北京国際会議場からさほど遠くない地域
サマーハウスのとなりとでもいう場所の
中国らしく優雅なしつらえのホテル

大変美味しい中国料理をご馳走になり感謝
美しい女性の胡弓奏者付きの個室
北京ダックも何もかも洗練された料理
飲めないわたしにも分かる素晴らしいワイン

翌日学会の後友人達と昼食
一流ホテルの眺めの良い個室を予約してあったが
メニューが全く分からず
スタッフに英語も通じないため困った。
中国の友人達にもっとご馳走して差し上げたかったが事前の詰めが甘かったことを反省

当日午前中急用が発生し
昼食中にも日本へ帰るフライトの変更連絡が忙しく、失礼してしまった。

9月20日月曜日(休日)に福岡へ帰る予定を
9月19日日曜日午後6時45分発のチャイナエアにて東京羽田行き
20日早朝宮崎へと変更

ホテルから空港へ向かって出発した途端
衣類を部屋のハンガーに掛けたままだったことを思い出す
朝急いで荷物をスーツケースに放り込んだ際に衣類を失念していた。
こんなことは初めて
急ぎ取って返す。
係が確認すると
部屋はすでに掃除されていた。
遺失物係に衣類が届いているか確認するという
少し時間がかかったがちゃんと袋に詰めたシャツとネクタイが戻ってきて感謝。
当日朝、学会のための満室ゆえか、給湯システムが故障し、お湯が出なかったことを除けばインターコンチネンタル北京の接遇はなかなかしっかりしていた。

待たせていたセダンで空港に急ぐ
運転手さんはいい人で事情を察してどんどん追い抜き走る。

結局
悠々セーフでチャイナエアへ。

ところが待てど暮らせど
出発準備が整わず
故障整備のため2時間以上待つことに
今夜は北京泊まりかと覚悟し始めたところで
ようやく出発

午後11時過ぎ
羽田到着
まだ臨時に設営されている税関を通って帰国。
遅れたわれわれを待っていた空港スタッフに迎えられながら
夜間発着が始まると、かなりの人件費がかかるはずと実感。
近くのJALシティ羽田を予約していて助かった。

観光を楽しむ暇はなかったけれど
しかし中国眼科の若さ元気さを実感し
さまざまな人にあって楽しんだり勉強したりできた北京でありました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 眼科学会 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する