2010-09-01 (Wed)
日向市はサーフポイントに恵まれている。
全日本医学生サーフィン大会も当地で長年開催されているので
サーファー医師に日向というか
小倉が浜(おくらがはま)の名はなじみ深いかもしれない。

当地のM病院の先生が地元の伝説のサーファーであり
おそらくそのご縁もあって医学生大会が開催されているものと推察する。
有り難いことであります。

一年中サーファーが来ているけれど
やはり夏は多くのサーファーが小倉が浜を目指す。

そして時に
サーフィンの途中で
眼の具合が悪くなり
当院を受診されることもある。

先日はサーフボードで上眼瞼を切った患者さんが来院した。

みんな午前3時頃に九州各地を出て
日向にやってくる。
女性も多い。
疲れもあるだろう。

ちょっとしたバランスの崩れで
サーフボードで外傷を負ってしまう。
開放性眼外傷の報告もある。

Surfing-related ocular injuries

サーフボードの先端が鋭くなっていると
外傷を起こしやすいかもしれない。
眼外傷の専門家は
先端を丸くするか
ゴムなどの安全装置を装着することを勧めている。

フィンももちろん注意が必要。

ある患者さんは
早朝サイドウィンドウを開け放しで
車を飛ばしてきたためか
ドライアイと季節的アレルギー性結膜炎が急性悪化。

眼の痛みと充血が激しく
Good waveを目前にしながら
リタイアされていった.。

まことにお気の毒である。

折角日向に来てくださるサーファーの皆さんが
安全に楽しくサーフィンを楽しめるようにといつも祈っています。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| スポーツ | COM(3) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する