2010-07-31 (Sat)

白内障を代表とする眼内手術の術後眼内炎予防のための抗菌剤点眼は当然ですが
手術直後には抗菌剤および消炎剤軟膏を点入し、ガーゼ、シャーレ、テープという処置が一般的ではないでしょうか。

ただ、点入された軟膏が睫毛や眼瞼皮膚に多少は拡がることが気になる医師も少なくないと思います。

先日の徳島大学江口先生の御講演では手術直後から抗菌剤点眼を頻回に行う試みがなされているということでした。

九州でもこのような取り組みの眼科医が出てきているようです。
眼内炎の発生率を数千分の一から一万分の一へ、さらに限りなくゼロに近付けるための大事な取り組みです。

手術中に落下細菌が感染の原因となる可能性は非常に低いと考えられますが、以前から小生は精製生理食塩水による術中の「自動点眼」にふたつの意味があると考え続けてきました。
1. 角膜を生理的に良いコンディションに保ち、前房内の透見性を確保
2. 術野を持続的にリンスし、外部からの細菌、物質を常に眼表面から洗い流している

特に術野をリンスし続けているということは大事ではないでしょうか。
角膜の術中保護はビスコート点眼でもかなり維持できますが、ビスコートがさまざまな物質を補足してしまうという点がやや気がかりです。

術直後からの抗菌剤点眼はリンス効果もあり
理にかなっていると思います。

わたしも東京の杉田先生の白内障日帰り手術の本が出た頃から(10年前?)
北米式の術直後からの点眼を考えてみては
やはり地方の高齢の患者さんの対応力を考えるとなかなか踏み切れないところであります。

高齢者にとって点眼することは4,50歳の健常者が考えているよりもはるかに難しい手技であるため
点眼手技でかえって眼球を圧迫したり
不潔にしたり
さまざまなリスクを新たに生じる可能性もあり
心配が先に立ちます。

高齢者の術直後点眼をどのように教育指導し
時には御家族や介護担当者の援助を戴いて
安全かつ効果的に達成するかの地道なノウハウを蓄積してゆきたいと考えているところであります。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 白内障手術 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する