2010-06-27 (Sun)
1986年ワールド・カップの栄光の後
薬物中毒に陥り
はちゃめちゃな言動と肥満体の印象が強かったディエゴ・マラドーナ。

今大会ではアルゼンチン監督として颯爽とスーツを着こなし
どんなにメッシが頑張っても
自分の方が目立ってしまうマラドーナ。

マラドーナに関するエピソードを思い出した(海外の学会で聞いた話)。

ロンドンの一流大学医学部眼科に留学していた
アルゼンチン出身のA医師。

ある日友人とレストランで食事をしていた。
そこへ友達がやってきた。

「今、マラドーナと奥のテーブルで食事しているんだ。
挨拶に来るかい?」

急に緊張した面持ちになった
超インテリでジェントルマンのA医師

早速友人についてゆくと
本当にマラドーナが食事をしていて
笑顔で迎えてくれた。

その瞬間、エリートから
ただのサッカー少年に戻ったA医師は
膝まずき
「オー、マラドーナ!マラドーナ!!」
と手を合わせて拝み始めたのであった!?

cf
マラドーナ伝説 眼科編1


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| スポーツ | COM(0) | TB(1) |







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
kle ディエゴマラドーナ
ぱきちと散歩 : 正装 正装. 今回のワールドカップに監督として来ている元祖ファンタジスタ ディエゴ・マラドーナ 首脳とお揃いのグレーのスーツで指揮を執っている が どう見ても監督というより、特等席で試合を見ている1アルゼンチンファンのような動きだw ...(続きを読... …
2010/06/27 09:16  知ったら得するニュース