2010-04-18 (Sun)
-美容室と開業医-

日本眼科学会出席のため土曜日夜、名古屋へ。

宮崎空港 魚山亭にて慌ただしく、チキン南蛮を食べ
最終便で名古屋へ。

名鉄特急にて名古屋駅。
隣のホテルマリオット名古屋アソシアへ。

近くに成城石井という紀伊国屋小型版みたいなスーパーがあり、食材が洒落ている。
少しばかり夜食を購入。
田舎にはこういうスーパーはないのでちょっと嬉しい。

ホテルはとても立派だ。
土曜夜のせいか、不景気など感じられないほどお客さんが多い。

少し仕事をして寝ようとすると
たまたまNHK「着信御礼!ケータイ大喜利」があっていた。
27万通もリアルタイムで応募がある。

「この美容室、来るんじゃなかった。」その理由とは?

というお題に

「シャンプーの時、風呂場に連れて行かれる」

という投稿につい笑ってしまった。

ある先生のご実家が内科の開業医で
昔は
患者さんの検尿があると
患者さんは子供たち(その先生)がご飯を食べたりしている居間を通って
院長自宅のトイレに採尿にきていた

という話を聞いて
こちらはちょっとほのぼのする話だなあ、と感じたことを思い出した。

日本では開業は家業であった。
その先生は診療も子供の頃から手伝っていたとのこと。

いまはそのような光景はあり得ないけれど
そのような時代には
現代の医療が失った(かもしれない)
なにか夕焼けのような暖かい日の光があったのではないかなあ
と思うのでありました。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(3) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する