2010-03-17 (Wed)
お気に入りのある料理屋さん
油断すると
良かれと思って
クジラの刺身とクジラの燻製が出てくる。

クジラの刺身とクジラの燻製
(左横と中央下がクジラ)

正直、クジラの肉は好きではない。
ブンカかもしれないが
わたしにとってちょんまげと同じく止めたいブンカだ。
食品としてのクジラがないと生きてゆけないという人はいないのではないか。
捕鯨関係者が経済的に困るなら捕鯨を停止する代わりの補償を検討しても良いのではないだろうか。

捕鯨船の妨害問題において
捕鯨が本当に必要か善なのかという議論をニュース番組が注意深くさけているのはなぜなのだろうか。
親中嫌日のオーストラリア首相には格好のアピールの場を提供してしまっている。

わたしは愛犬家なのでイヌを食べるブンカはやはり野蛮に感じる。
クジラを愛している人たちの気持ちも良く分かる。

暴力的な活動家は問題だが
クジラを公海で捕獲する我が国は
Brutalに見えると思う

イルカ漁も同じである。

日本は大東亜戦争の一時期Brutalな面を持っていたといわれても仕方ないだろう。
捕鯨やイルカ漁を見てやはりそうかという印象をもたれることは国全体の損失として計り知れない。
捕鯨を正視できない日本人は多くなっているのではないか。

韓国が冬季オリンピックで国としてのブランド力を2兆円近くあげたとサムスンが試算していたけれど、クジラ問題はおそらく(金額で示すのはなじまないかもしれないが)兆円単位でのイメージロスではないかと思う。

日本の知識人が捕鯨問題をニュートラルに論じないのはなぜか、なにか危険な事があるのか、ただナイーブなだけなのか、いささか不思議であります。

ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 生活と意見 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する