2010-02-28 (Sun)
2月28日日曜日
宮崎県眼科医会の職員講習会
職員とともに参加。

休みにも関わらず、職員も熱心に勉強してくれた。

低視力(ロービジョン)の患者さんがどのような見え方をしているのか
視野狭窄の患者さんは視線を遠くする方が視野を広く使える
中心暗点の患者さんは近づく方が視認しやすくなる
など日常診療のヒントをいただいた。
(京都市吉田眼科医院 吉田雅子先生)

東海大学八王子病院眼科の鈴木康之教授は
緑内障検査についての講義。

話題のひとつは角膜の厚み。

眼圧測定には角膜の厚みが関与しており
10ミクロン厚くなると0.2mmHg眼圧が高く測定されてしまう
という点を指摘された。

逆にLASIKでは角膜を削るので眼圧が実際より低く測定され
LASIK手術を受けていることを申告していないと眼圧上昇が見逃されることがある。

角膜厚をパキメトリーなど
(超音波パキメトリー、前眼部OCT)
で測れない場合はスペキュラー・マイクロスコピーで測れるので参考にすること
その場合、20ミクロン厚めの数値がでるので注意
というお話であった。

宮崎市内で昼食に蕎麦を食べて
さあ津波が来ないうちに帰ろうとしたら
予想より早く日向行き特急が運休!

とほほ。

再開時間が明確にならず
後の予定も入っていたため
やむなくタクシーで日向へ帰ることになってしまった。

運賃もまけてくれた人の良い運転手さんは
生命保険会社から転職し、きのこ栽培農家とタクシー運転手を兼業していて
お話がとても面白くてつい名刺を戴きたくなった。

11歳年下の奥さんと30年近く一緒にお風呂に入っているという
円満な人柄で
シメジの菌の研究
作物直販の問題
どうしたらスーパーでの「棚もち」(新鮮度)を長く保てるか
保険業界の内幕や職場でのちょっと艶っぽいお話
商売の成功自慢も混じるのだが、それがまったく嫌味ではなく笑いっぱなしであった。

厚生年金の資格取得のために数年会社組織のタクシーに勤める人がいる理由も理解できた。
(20年会社勤務しないと厚生年金の資格取得ができない。
勤務18年目で会社が閉鎖されたり、職がなくなったりしたら後2年務める必要があるらしい。
最近そんな方が多い気がする)

小さなトラブルのために興味深い話を聞く機会ができて
かえって得したような気分にさせていただいた。

津波も大きな被害がなかったようで幸いだ。
I運転手さんに感謝。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 眼の病気 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する