2010-01-19 (Tue)

絢香さんのラスト・ステージ(紅白)までの
ドキュメンタリー(NHK)、遅ればせながら小生も見ました。

熱唱する彼女の甲状腺が腫れているのを痛々しい思いで見たのは
わたしだけではないと思います。

この病気を抱えながら
とても冷静に落ち着いてライブに臨む絢香さんに感心しました。
出産が無事に終わり
甲状腺機能が安定して
復帰されることを祈ります。

われわれ眼科医は甲状腺機能亢進症による眼症状に対処することが少なくありません。

瞼裂開大
眼球突出
眼表面のトラブル
両眼性複視
視神経障害
など

患者さんは眼症状に対して
とても不安です。

甲状腺眼症の患者さんに申し上げたいことは以下のようなことです。

あなたの焦燥感や不安は甲状腺疾患自体が助長している可能性もあります。

大変ですが、いつか嵐が過ぎ去るように
きっと
症状が安定して
笑顔を取り戻せる日が来ますから
辛抱強くがんばりましょう。

(それこそI believe myselfが大事ですね。)

繰り返し、患者さんとコミュニケーションを取りながら
寛解を待つことが大事だと思っています。

時間も大事な治療薬であります。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 神経眼科 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する