2015-02-18 (Wed)
先日、大阪での緑内障講演会。

土曜日宮崎からANA最終便で大阪着。
タクシーの運転手さんにこの時間帯(午後10時近く)でも入れるような、贔屓にしている居酒屋さんはありませんかと尋ねた。

運転手さんは昔、串焼き屋さんを経営していたとのこと。
自分が現役時代によく通っていた「T」という焼きとり屋があって、ここはトリの質が高く、混んでいるけど良い店だと教えてもらった。
几帳面な運転手さんは信号待ちの間にものすごく細かく地図を描いてくれた。


そこはいかにも大阪らしい食堂街(食道街)。
入口のたこ焼き屋さんには20~30人の若者が並ぶ。

酒の飲めないわたしはヤキトリ屋に自分だけで行ったことがないのでちょっと不安。
10時過ぎ、Tは少し席が空いていた。

すでにかなりのネタが売り切れており、お任せで幾つか焼いてもらう。
焼き場の若い方は穏やかな中にもピンと気合が入っている。

そうこうしているうちにまた満席となり(といっても12席くらい)、黒ビールと美味い焼き鳥を堪能。

Tの後、同じ食道街のおでんやさんもすごく美味しそう(というか楽しそう)だけど超満員で入れず。
ようやく入れたうどん屋さんで締めて、大阪のレベルの高さにいまさらながら感動。
翌日しっかりお勉強もしました。皆様大変お世話になりました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する