2014-04-08 (Tue)
4月6日日曜日は日本眼科学会の「サブスペシャリティ・サンデー」に出ていました。

ある教授にご挨拶すると、WOCの片付けが始まっているのを見ると何か淋しいような気になりましたと言う感想でした。

眼科教授の先生方は先週の日曜日、月曜日あたりからずっと学会に参加され、ホスト国のファカルティとして活躍されましたので、この一大イベントが終わろうとする時、宴の終わりとでも言う感を深くしておられたと思います。

本当に長い、そして密度濃く学び、発表し、また友情を育んだ1週間だったと思います。

小生は、書いていいのか分かりませんが、実は3月29日くらいまで身体が絶不調。
30日日曜日は東京へ夕食会のため飛び、羽田に泊まって朝一で宮崎へ帰って診療。
火曜日には少し回復してきたので、最終便で羽田に向かう前、つい空港で、気分が高揚していたのか、こってり系のラーメンを食べて、また不調となり、夜はあまり眠れず。
水曜日午後フラフラしながらInvited lectureの座長。そのまま開会式はたどりつけずじまい。
木曜日は落屑症候群とHTLV-1についての口演。
学会発表が終わったら、何とはなしに復調のきざし。
夜は夕食会で盛り上がり、結構食べて飲むことが出来た。

金曜日は学会場にはりついて勉強。
夕方、東京ビッグサイトにてジャパン・ナイトの大規模なパーティー。二次会も麻布十番Oにて気分良く飲んで食べられた。
土曜日昼は国際フォーラムにて落屑症候群遺伝子研究会ミーティング。
夜はスピーカーズ・ディナー。さらに青山Tにて二次会。
大変盛り上がりました。
御参加の先生方本当にありがとうございました。
また留守中診療を支えていただき、出張を可能にしてくださった先生方に御礼申し上げます。

WOCではO会長はじめ、運営に当たられた先生方、また素晴らしい講演をしてくださった先生方、そして世界中から参加し学会を盛り上げてくださった先生方、各学会関係者の皆様に、僭越ながら個人的にも感謝申し上げます。

香港のT教授から「WOC東京はレコード・ハイの参加者を得て、大変素晴らしい学会になりましたね。」と言われて私も日本の一眼科医として大変嬉しく思った次第です。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 眼科学会 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する