2014-03-31 (Mon)
日曜日午後6時、東京帝国ホテルに来ています。

世界眼科学会(WOC)に来日される米国眼科の教授たちとの打ち合わせのためです。

ロビーではすでに外国の先生たちがちらほら到着されています。(小生はもちろん今夜羽田に泊まって、明日朝6時台のANA早朝便で宮崎へ帰って診療です。トホホ。)

関西の開業医の先生もかなり週半ばから東京へ来られるとのことで、本当に大きな学会になりそうです。

小生は水曜日の午後、Avanced Topics(緑内障)の座長の末席を務める予定です。
このセッションでは、日本からは千原先生が緑内障チューブシャントについて、中沢教授が 緑内障の神経保護について論じられる予定です。
後半ではJ. Fingert、L. Pasqualeという緑内障の分子遺伝学に詳しい先生方が講演されます。

私は最近、落屑緑内障遺伝学に素人ながら深く興味を持っているので、きっと落屑緑内障にも関連するお話が聞けるのではないかと大変楽しみです。

各分野に世界の高名な眼科医研究者が目白押し、という学会は空前絶後であります。

東京の満開近い桜が出迎えるWOCへぜひぜひご参加ください。

ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 眼科学会 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する