2014-01-12 (Sun)

12月に毎年悩むのは
翌年どういう手帳を使うか
であります。

もちろん
スマホでのスケジュール表も活用しているのですが
それだけでは不足です。

日記(感想というか)や
メモとして手帳を活用するために
ほぼ日手帳や
能率手帳B5リング
(それにしても、能率手帳というすばらしい名前があるのに、NOLTYという商標名はどうなんでしょうか。
能率手帳ファンとしては、たとえば安倍晋三首相が、ないとは思いますが、Shinと呼んでくれといっているかのような、戸惑いを感じます(笑)。)
その他をいくつも持って中途半端になっているのが現状であります。重いし。トホホ。

それは置いておいても
気になるのは
日曜日始まりの手帳が多いこと。

眼科開業医は
月曜から土曜まで
診察室か手術室にひたすら座っているし
来客は事務スタッフが管理連絡してくれるので
平日のスケジュール管理はあまり必要ないのであります。

眼科開業医にとってスケジュール上、特に重要なのは
土曜日の午後と日曜日。
プライベートはもちろん「勉強」もこの時間帯しかありません。

この土曜日と日曜日が左右で分割されていたり
かえって小さくなっている手帳はわたしにとって論外であります。

平日は小さいスペースで土日がものすごく大きな手帳なんて
ちょっと嬉しくなりませんか?


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する