2014-01-11 (Sat)
ACミラン入団会見における本田圭祐選手の英語インタビューに驚いたのは読売新聞のコラム「編集手帳」氏(1月10日金曜日朝刊)だけではないでしょう。

日本語で話すときとほぼ同じリズム、思考回路でインタビューに答えていることにびっくり。
これはかなり議論慣れしていないとなかなか出来ないことであります。
彼はおそらくインタビューの一部と似たようなことを何回も英語でしゃべったり話し合ったりしたことがあると思う。

BBCワールドのスポーツ番組でも大きく取り上げられていた。

わたしが好きな部分は

「サムライに会ったことがないので何とも言えません。
ただ、日本の男性は決してあきらめない。
強い精神力を持っているのが日本男児。
そして、規律を重んじている。
こういうスピリットをピッチでも示したい。
そういうのがサムライ魂なのではないでしょうか。」
というくだり。
中国の日本包囲網に対抗できるのは本田選手しかいないような気になります(笑)。

サッカーは奔放なスポーツのようでいて、マンチェスター・ユナイテッドのファーガソン前監督を例に引くまでもなく、規律を重んじると言うことはどの監督も最も重視していることではないかしらん。
本田選手のお陰でヨーロッパの有名チームに入ったときに備えてさらに英語も勉強し始める子供が増えることを願っています。


PS 僭越ですが、安倍首相もぜひ本田選手のインタビューは参考にされたら良いと思います。
外交の場でも、通訳ではなく自らの英語で簡潔に、自らの哲学を話すことが動画の時代においては特に重要な気がします。もちろんその哲学が世界にどのように受け入れられるかは、また別の話であります。
BBCのハード・トークという有名な本格的インタビュー番組から多分依頼は来ているのではないかと思いますが、他の国の政治家のように、首相はぜひこれに出て世界と議論して頂きたいと思います。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 英語 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する