2013-12-05 (Thu)

今年は珍しく年末年始の休日当番医が当たらなかったので
仕事をかねて年末にタイのバンコクへ行く予定でした。

ところがバンコクでは反政府デモが激しくなり、死者も出る衝突が起こってきたので
やむを得ず、先日バンコク行きをキャンセル。
トホホ。

そのかわりに
急遽香港に行く予定を立て
ダメもとでフライト予約がまだ出来るかエージェントに尋ねると
ラッキーなことに日系エアラインが2席だけ空いていたので
すぐさま予約。

ホテルもPホテルなどもちろん満室
ところが誠に運良くFホテルが1室のみ空いていたので
すかさず予約。

ほっとしていたら
中国の防空識別圏問題が勃発。
香港行きはこの領域を通るようです。

日本政府は日系エアラインにフライト計画書を出さないように指導中
ということは
昔、アメリカからソウルに帰る大韓航空機がソ連の戦闘機に撃墜された事件の(原因はまた別ですが、戦闘機のパイロットがやる気満々、と言う展開は同じかもしれない)再現もあってはなりませんが、全くゼロではないかもしれません。

日系のフライトは、香港行きが実際はキャセイが運行する共同運航便ですが(キャセイ・パシフィックはフライト計画を出しているはず)、羽田への帰りは純粋な日系フライト。

小生は1983年9月1日に大韓航空機が撃墜されるほんの数日前
大韓航空機で同じ航路をたどって、1ヶ月近いオハイオ州立大学眼科とマサチューセッツ眼耳科病院見学から日本に帰りついていたのでありました。

Gゼロ時代には年末のアジア旅行さえも大きな影響を受けることになっている。
昨日のバイデン副大統領の米中会談も防空識別圏についてはやはり腰砕けの様子であります。
(Gゼロ時代: 蛇足ながら、イアン・ブレマ-がいう、米国主導の体制が終わり、それに変わる主導国がいない時代)
「Gゼロ後の世界」イアン・ブレマ- 日本経済新聞出版社

リスクを考えると香港行きもキャンセルかしらんと、迫るフライトチケット発行期限を前に思案しているところであります。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 国際問題 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する