2013-12-02 (Mon)
・・・研修医二年目を迎えるにあたって、東大病院に戻ってくることになったとき、研修担当のお偉い先生から言われたのが、「外科三ヶ月は必修だからとってね!」との採用条件でした。

「東大病院研修医 駆け出し女医の激闘日記」
 安川佳美著 中公新書ラクレ

三ヶ月の内訳として、外科二種を一ヶ月半ずつまわるのが定番コースで、うち一つはマイナー外科(眼科・整形外科・耳鼻咽喉科)から選択してもよいとのことでした。
学生時代からその多忙さを伝え聞いていた、眼科・整形外科は迷わずパスし、教授が研修担当を務めていらっしゃる心強さも手伝って、前半の一ヶ月半は耳鼻咽喉科を選択しました。・・・(以上引用)

こうして眼科志望が減少しているのかしらん。
忙しい方が面白いはずなのですが。

題名は失礼ながら、多分編集サイドの希望で微妙に「きわもの」っぽいけれど、わたしが言うのも僭越ながら、中身は結構硬派で読み応えのある本でした。

安川先生のさらなる激闘をお待ちしています。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 医学教育 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する