2015-02-22 (Sun)

昨年の神経眼科学会

スケジュールがタイトなので羽田から幕張まで、予約していたタクシーを飛ばす。
運転手さんは元放送局報道部のディレクターであった。
学会の準備で忙しかったのに、つい話し込む。

そういえば、小生の70年代の青春は
朝日ジャーナルとT放送局が元気だった。

それがいつのまにか
朝日ジャーナルは消滅し
T社も硬派な番組はなくなり、危険な場所にはいかない、コミットしない、ひよわなマスコミになっていったような気がしていたけれど、運転手さんの思いも同様だった。

今はNHKも問題を抱えるという、不思議な、というか怖い時代である。

報道ジャーナリズムのレベルがその国の成熟度を示す、というのは真実だと思う。

というようなことを、昨年、メモに書いていたのだけれど
ISのような問題が起きると
現場の取材もなかなか微妙であり、悩ましい。

CNNやBBCの記者は後ろで大砲を撃つ所などで、取材していて、コメント中に爆風で取材者もカメラもふらついたりする。まさに命がけで、現場の事実を見せようとする。

朝日ジャーナルもT局のアンカーも務めた筑紫哲也さんの時代のように
(勿論、筑紫さんにもさまざまな批判があったように、毀誉褒貶があって良いのである、議論がおさえられるとか、うっとうしくなるということが危うい)
T社報道部が元気じゃないと、危険なことになるのではないか、降り際に運転手さんはそう呟き、わたしは学会場へ向かった。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(0) | TB(0) |
2015-02-18 (Wed)
先日、大阪での緑内障講演会。

土曜日宮崎からANA最終便で大阪着。
タクシーの運転手さんにこの時間帯(午後10時近く)でも入れるような、贔屓にしている居酒屋さんはありませんかと尋ねた。

運転手さんは昔、串焼き屋さんを経営していたとのこと。
自分が現役時代によく通っていた「T」という焼きとり屋があって、ここはトリの質が高く、混んでいるけど良い店だと教えてもらった。
几帳面な運転手さんは信号待ちの間にものすごく細かく地図を描いてくれた。


そこはいかにも大阪らしい食堂街(食道街)。
入口のたこ焼き屋さんには20~30人の若者が並ぶ。

酒の飲めないわたしはヤキトリ屋に自分だけで行ったことがないのでちょっと不安。
10時過ぎ、Tは少し席が空いていた。

すでにかなりのネタが売り切れており、お任せで幾つか焼いてもらう。
焼き場の若い方は穏やかな中にもピンと気合が入っている。

そうこうしているうちにまた満席となり(といっても12席くらい)、黒ビールと美味い焼き鳥を堪能。

Tの後、同じ食道街のおでんやさんもすごく美味しそう(というか楽しそう)だけど超満員で入れず。
ようやく入れたうどん屋さんで締めて、大阪のレベルの高さにいまさらながら感動。
翌日しっかりお勉強もしました。皆様大変お世話になりました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(0) | TB(0) |
2015-02-16 (Mon)
日曜日夜
Asia ARVOのため横浜へ。

さてわたしも最近聞いている
サム・スミス
グラミー賞おめでとうございます。
受賞直後に日本へ来るというのも素晴らしい。

彼の美しい、若い、はかないとさえ感じる高音をしみじみと聞くには
ステイ・ウィズ・ミーが最高だと思います。

けれど
50年近くポップスを聴いている者からすると
アルバム「イン・ザ・ロンリー・アワーズ」中、最初の曲、マネー・オン・マイ・マインドの
マニ・オン・マ・マインというリフレインのメロディーが
とてもオリジナルで最も印象深い。

マネー・オン・マイ・マインド You Tube

I don’t have
Money on my mind
I do it for the love

という呟きが心にしみるのでありました。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(0) | TB(0) |