2013-02-27 (Wed)

久しぶりに来られた患者さんが
いやあ、胃が悪くて入院していたんですよ。

ほら
ペロリ菌ですかね。

・・・「上手い!」

可愛い高齢の女性患者さんです。
ちょっとほのぼの。
失礼かとも思いましたが、そっとブログに書いておきたくなりました。

今日は手術前の外来が混んで
バタバタしていたので
癒されました。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(2) | TB(0) |
2013-02-26 (Tue)

2月24日日曜日。
東京開催の日本眼科医会第65回生涯教育講座「神経眼科のすべて」に行ってきました。
前日夜、Tホテルに着いて初めて、明日東京マラソンが行われ、午前9時から大がかりな交通規制があることに気付きました。

このため朝早くTホテルから会場のよみうりホールまでタクシーで出掛けました。
用事のため昼前に会場を出てTホテルまで戻ろうとすると、タクシー移動不可。
徒歩でもさほど遠くはないのですが、道路の横断不可。トホホ。

日向と東京は6~7℃以上の温度差があります。
強い冷たい風に吹かれながら地下へ降りる場所を探し
地下鉄構内やギンザ5の地下道を利用して規制をくぐり抜け、Tホテルまで帰って家族と合流。
そこからまた地下を通って昼食場所のSホテルに向かうのがひと苦労。
とはいえ東京マラソンは大変盛り上がっていて、外人さんも多く、着ぐるみのランナーもたくさん走っていました。


さて午前中しか受講できませんでしたが「神経眼科のすべて」(神戸大N先生と札幌医大H先生の御講演)は予想以上に専門的なお話から、さらに基本的なことまで大変分かりやすく、テンポよく講義が進められ、大変勉強になりました。

盛りだくさんな内容からほんの少しだけ
VKHとサルコイドーシスは視神経炎を伴う内眼炎を示す。
視神経炎を見たらVKHを疑う。髄液検査。 DR4をチェック。

SPGR(Spoiled Gradient Echo) 脳神経と動脈との関係をみる。 
脳神経の撮影もルーティン化しつつあるのですね。
FIESTA(Fast Imaging Employing Steadystate Acquisition) CSF中の構造物を詳細に描出する。切れ味するどいT1強調画像。

テキストも秀逸です。

来週は福岡で開催されます。
ぜひお出かけください。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 神経眼科 | COM(0) | TB(0) |
2013-02-21 (Thu)
「火曜曲」で初めて
SMAPの新曲「Mistake」を視た。

久しぶりに踊りが激しくて
切れがあり
(ちょっと息切れしないか、少し心配)
歌は、悪い意味ではなく、ちょっとレトロ
(少しHIROMI GOが入っている?)
ジャケットは赤系

コンサートでは盛り上がりそうな曲である
音楽業界のデフレにマケズ
まずきっちり踊ることから見直した
「強気」の「成長戦略」に期待したいところであります。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 音楽 | COM(0) | TB(0) |
2013-02-14 (Thu)


「型破り」で勝つ私の流儀(イーライ・ブロウド著 田中祐輔監訳 日本文芸社)

ブルームバーグニューヨーク市長の前書きつき。
ビル・クリントン元米国大統領も推薦。
正月休みに読んだけれど、ブルームバーク氏が言うように「不可能を可能にしようと思ったら、何よりもまず非常識でなくてはならない」という言葉を実践した企業家であり慈善事業家の本。

大変おもしろく読みました。

・・・子供はすぐに、「それ、いいじゃないか!」と言う。
ところが大人になると人はこの言葉を言わなくなる。
現状を受け容れてしまうからだ。
他の人が「答えはもう出ている」と思っている中で、一人この言葉を発することのできる人間だけが、未知への扉を開くのだ。・・・

医学研究でも医療関係の業務でも
なにかアイデアを出すと
それは以前失敗した
とか、それは現実的ではありません
などの反応が返ってくる。

それいいじゃないか!でとにかく試みてみる
もちろん失敗もある
けれど失敗してみると
物事が良く分かる。

最近ある医療職を新しく採用してみたら、業務上思いがけない問題点が出てきてうまく行かなかった。
あまり急ぐ必要はなかったけれど
懸案に対してとにかくアクションを起こしてみたのだが
いろんなことが分かって大変有り難かった。
書類をみながら頭を巡らしていても分からないことが実際に失敗するととても良く分かる。

小生、手術や薬物治療に対しては非常に慎重派なので新しい技術に飛びつくことはないのだけれど、

(そのために自分の患者さんを相当守って来ることが出来たと言う自負もあります。
反応が鈍いだけと言われればそうなのですけれど)

なにかが納得できない、という気持ちを抱いて採用をぐずぐず引き延ばしたくなる新治療には思いがけない落とし穴が、ごく稀ながら、後に判明することがあるように思います。

それに比べて病院運営業務の改善は、通常、患者さんに危険を与えるものがないので、とにかくやってみて
失敗してもそこから学んで方向性が見えてくることが多いため
まだ何もしないままよりはるかに有益と
いつも思います。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| マネジメント | COM(0) | TB(0) |
2013-02-11 (Mon)
ゴティエのオフィシャル・ビデオは
背景の絵に重なるようにボディペインティングするという手法。
この意匠で絵を描く画家は東洋系アメリカ人ではなかっただろうか。

ゴティエのビデオ

ビデオで見る限りでは
ゴティエGotyeはジェームス・テイラーとスティングが今風にステアされたようなシンガーなのかしらん

この曲を聴くと
青春はいつも同じ通奏低音に支えられている
と思う。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 音楽 | COM(0) | TB(0) |
2013-02-10 (Sun)
日本眼科学会雑誌によると
来年の世界眼科学会(WOC)・APAOの東京開催のため、日眼ではプロモーション活動に力を入れておられるらしい。
大震災以降の復興と安全と日本の平和な真心を知っていただくためにも世界中から眼科医が集う機会となるとよいですね。

海外で研究発表する場合にはスライドにTokyo WOCのマークを入れている先生もおられるかと思いますが、高名な先生だけでなく若手もマークを入れて宣伝されたらよいかもしれません。

最近の日本に関連する国際問題を見ながら、世界はとにかく言ったモン勝ちということを改めて感じます。一にアピール、二にアピールですね。

日本人の感覚ではアピールがしっかりしている人は、なんだかなあ、という思いを持ちがちですが、ただ黙って自分の良さを認めてもらうまで淡々と仕事する、みたいなことだけではあっという間に賞味期限が過ぎてしまう、16倍速みたいな最近の世界事情であります。

わたしはシール好きなので、Tokyo WOCのシールがあったらぜひスーツケースとか貼りたいです。
以前フロリダ・フォート・ローダーデールのARVOに行き、街中のお寿司屋さんでお鮨をつまんでいたら(ここは学会場近くのお寿司屋さんよりもう少しお寿司屋さんらしいお店でした)、店主がこれを持っていってくれと、OBAMAさん(最初の大統領選前)のステッカーを沢山くれたことがありました。投票権のない「外人」にまで(シャレで?)宣伝するという気合いに苦笑しました。

先日、日向市の救急診療所当番に詰めていると
「くまモン」のふんわりとしたケーキの差し入れがありました。

くまモンは少しダサくて(熊本らしい頑固さもほんのすこしその顔付きに中に秘めつつ)可愛くて、以前にも書きましたが、地元天草出身の脚本家小山薫堂さんならではの、プロジェクトの目配りに感心します。

丁度その日、用事のため出掛けていた熊本から家族が帰ってきました。
熊本からの高速バスの最前席には等身大のクマもんが座っていたと聞いて、つい笑ってしまいました。
東京開催世界眼科学会(WOC)にくまモン的アプローチを取り入れていただけると面白いのではないでしょうか。

なにか広報のためのサプライズが欲しいというなら、僭越ではありますが個人的には学会長さんによる、WOC参加を呼びかける熱くハッピーにシャウトするロックのYouTube Videoを世界に発信していただきたいのですけれど。
ARVOではありませんが、WOC Rocks!みたいな。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 国際学会 | COM(0) | TB(0) |
2013-02-03 (Sun)
1月19日金曜日夜アジアパシフィック眼科学会を1日早く切り上げ、キャセイパシフィック航空にてハイデラバードから香港へ帰る。
機内に乗り込むと来るときと同じ客室乗務員チームが待っていた。
気配り上手なベテランと優しい若手がうまく組み合わせられたチームだったので嬉しかった。

キャセイは着陸直前までスタッフが仕事をしていて
日本のエアラインよりずっとぎりぎりで着席する。

そして機長さんはシブい声と朗らかな調子でなかなか良かった。

Cabin crew!
Kindly be seated,please. Thank you!
と言われているようだ。

カーインドリーービーーシーテッド、プリーズ
サーーンキュッ
という独特の抑揚。弾むリズム。
女の子ならちょっと「胸キュン」なキャプテンのアナウンスなのでありました。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 国際学会 | COM(0) | TB(0) |