2013-01-31 (Thu)
うかつにも気がつかなかったけれど
最近、クリントン国務長官のメガネにはフレネル膜プリズムが貼ってあります。

倒れてからの障害により(外転神経麻痺?開散麻痺?)両眼性複視を生じたため
眼位矯正のためにコンタクトレンズをやめ、眼鏡に切り替え、膜プリズムを貼っているとのことです。
クリントン長官に関する米国の新聞報道

この話は専門分野のコミュニティで話題になり
気がつきました

クリントン長官が先日世界の若者から質疑を受けるテレビ番組がありましたが、さすがの貫禄と民主主義の権化みたいなオーラがあり、すごいと思いました。
どうぞお大事に。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 神経眼科 | COM(0) | TB(0) |
2013-01-30 (Wed)
米国のB教授は世界中を飛び回る高名な眼科医である。

APAOハイデラバードにて、先生はもしどのエアラインを選んでも良いと言われたら
どのエアラインを選びますか?

と尋ねたところ
言下に
「エミレーツ航空が良い。」
と答えられた。

エミレーツのファーストクラスはものすごいらしい。

エミレーツはサッカー、プレミア・リーグ「チェルシー」のスポンサーであり、国際的なサッカーが行われている場所にはフライ・エミレーツの宣伝がよく見られる。

アブダビの学会でエミレーツ・パレスという豪華ホテルがバンケット会場だった。
すごいゴージャスなホテルでありました。そして翌日再びランチ(ビュッフェ)に出掛けたら、なにを食べても美味しいのにびっくり。

余談ですが、トヨタも(BBCによればヨーロッパではある意味迷惑がられていると報道されていた)クラブ杯のスポンサーよりプレミア・リーグのスポンサーをする方が、コストもかかるでしょうが、おそらく遙かにコストパフォーマンスが良いのではないかしらん・・・。

「ところで来月、ナイジェリアの学会に招待されている。
友人達は命が危ないのではないかと言っているのだけれど。
ナイジェリアの空港に着いたら、向こうの学会関係者が飛行機の出口まで来て、そのままリムジンで移動する手はずになっている。」

「どうだ、
君も来るか?」

と聞かれた。
ナイジェリアには知人もいて興味があるので
ほんの少しだけ気を惹かれたけれど
アルジェリア事件の最中でもあったので
「2月は残念ながら忙しいのです。」
と丁重にお断りした。

プロフェッサーに神の御加護を祈りたい。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 生き方 | COM(1) | TB(0) |
2013-01-25 (Fri)
話は戻りますが
世界眼科学会(WOC)出席のため、エティハド航空(とても良いエアラインです)にてアブダビに向かった際
それまでの外来手術、学会準備のため疲れて
機内ではずーっと寝ていたわたし。

隣の家内から
「あの先生は眠らずにひたすら仕事をされていますが、パパは大丈夫ですか?」
と心配そうにつつかれた(笑)。

夜通し仕事されていたプロフェッサーはY大学眼科のY教授であった。
すごい。

APAOハイデラバードでは米国のR教授と行く先々で一緒になった。
「ちょっと昼寝をしていた間に100通単位でメールが増えて、対応に追われてしまうのだよ。」
と言われて、空港へ向かう車の中でも、空港のラウンジでもひたすらパソコンに向かってメールを打っておられた。
ただ業務連絡としてのメールを打っておられる訳ではなく、メール自体が研究であり、論文につながっている部分も大きいのでありましょう。

達人の仕事ぶりを垣間見て深く感心したわたくしでありました。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 国際学会 | COM(0) | TB(0) |
2013-01-21 (Mon)
アジアパシフィック眼科学会において
レーザー虹彩切開術後も解除されない閉塞隅角のメカニズムをどう考えるか
というのが小生の発表内容であった。

シンポジウムが始まる前に
スタッフにレーザーポインタはどこにおいてあるか尋ねると
ポインタはないと言う。
ちょっと嫌な予感。

前眼部光干渉断層計によって計測した前眼部パラメーターのデータ表をレーザーポインタで解説する予定だったのでちょっと困ったが、なにコンピュータ画面上の矢印で示せばよいだろう。

"Fortune" et al. Increased lens vault as a risk factor for angle closure: confirmation in a Japanese population.
Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 2012


さて自分の演題をクリックすると
Empty!
空っぽである!
トホホ。

2時間前、講演ファイルをアップロードしてくれたスタッフの目にも止まらぬ早業に感心しつつも、
私の「ここで一度ファイルを開いてください」というリクエストに
ここではシステム上、開けないけれど学会場では開けるから大丈夫、
という力強い答え。
それをうかつにも信じたわたし。

この時点でここはインドであると腹をくくらざるを得なかった(苦笑)。
アップロードはちゃんとしたのだけれど
なにかの不具合らしいのでちょっとお待ちください
といわないとアップロードし忘れた間抜けに見えそうだったので
ジョークを無理やり飛ばしつつ
(受けない・・・

座長からのUSB!USB!という声に我に返って
ポケットのUSBを備え付けのパソコンに差し
スライドを開いて
講演を始めたわたし。

そんなトラブルはいっこうに意に介さず
平然と待って話を聞いてくださった
インドやアジア太平洋の先生方に感謝。

(わたしと同じようなトラブルはその後もよく見られた・・)

この研究のなかで行ったうつむき誘発試験の結果についても
うつむき試験の意義を認めない欧米の先生も少なくないなかで
結構質問も受け、盛り上がってほっとしました。

アジアではレーザーポインタとUSBは必ずポケットに忍ばせておくべきと改めて思いました。
धन्यवाद ダニャヴァード
(ありがとう)


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 国際学会 | COM(0) | TB(0) |
2013-01-19 (Sat)
最近海外学会出張の際には
村上春樹さんのエッセイ集「村上朝日堂」の文庫本を愛用というのか、スーツケースに入れている。

村上朝日堂ものの最初の本である。
若い頃(30年前)に書かれているためか、若い人らしい本音が個人的に話しかけてくるように綴られている。
また後の作品につながるような記述がちらほら出てきて面白い。

電車の切符をどうしても忘れてしまうので
忘れないように折りたたんで耳に入れる話など

基本的にほのぼのする話でまとめられているので
眠る前に穏やかな心持ちにさせてくれる。

旅先でいささか疲れていたり
なんとはなしに孤独なときに心が暖まる。

挿絵担当の安西水丸さんも文章を書いている。
自分が「カレー中毒」であり、外国でどうしてもカレーが食べたくなって、エア・インディアに乗ってみた話が出てくる。
今、ハイデラバードでカレー漬けの自分と引き比べて、何度も読んでいたはずなのに、つい笑ってしまった。

さて、現在、金曜日の現地午後8時。
今日は緑内障セッション漬けでよく勉強し?、会うべき先生にもすべて会えた。
月曜日の外来が心配なので、予定を繰り上げて、午前3時のキャセイで香港経由福岡へ帰る予定。
土曜日の午後9時過ぎに福岡着。
そうなると特急も飛行機もないため福岡に一泊しなくてはいけない。
そのまま車で日向まで帰ることにしている。

現在はウエスティン・ハイデラバード(学会のオフィシャルホテル。お勧め。部屋も広く浴室も快適。なかでもスタッフのホスピタリティ・サービスが素晴らしい)のラウンジで軽い夕食をとってこのブログを書いているところであります。
学会のシンポジウム” Anterior segment imaging and angle closure (前眼部画像診断と閉塞隅角「緑内障」)” も無事に終わり、意外に質問も多くいただき、結構盛り上がりました。
御指導いただいた先生方、留守中の外来を御担当いただいている先生方ありがとうございます。

それでは皆様良い週末をお過ごしください。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 国際学会 | COM(0) | TB(0) |
2013-01-18 (Fri)
APAOハイデラバード聞き書き。

ハーバード大学眼科のW教授から伺った話。
オバマ大統領がハワイ育ちであることはよく知られています。
W先生のフェローであった、今はK大学医学部教授のA先生はハワイ育ちであることもよく知られています。
そしてオバマ大統領と高校の同級生であったとのこと。

オバマさんが大統領に選出された祝賀会に招かれたそうであります。
すごい。
日本の眼科にもいざとなったらオバマ大統領がついているかも
(微笑)。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 国際問題 | COM(0) | TB(0) |
2013-01-14 (Mon)
1月13日14日の連休
アジアパシフィック眼科学会の準備が遅れていて
市の図書館へ朝から午後5時まで缶詰になって「勉強」というかスライド作りをしている。
トホホ。
御意見をいただいた先生方、スタッフの皆さんご協力ありがとうございます。

土曜日夜、所用で出掛けた宮崎から帰ろうとして
駅においてあった号外を手にし、宮崎県鵬翔高校サッカー部の決勝進出に改めて感動した。

よくもまあ2回も追いつき、先行されたPKも追いつき勝ち越し
鵬翔高校サッカー部は本当に頑張りました。
素晴らしい。

小生も負けじと学会スケジュールに追い込まれながら
なんとか頑張っているところであります。
それにしてもインドへの道は遠い。
雪まで降ってきて飛行機は大丈夫かしらん。

サッカーの応援団も決勝が延期になった上に雪で帰れず大変らしい。
当院の元職員のお孫さんも出場しているためみんなで応援している。
皆さんどうぞ気をつけてください。

閉塞隅角緑内障「業界」もアジアの大きな眼科センターに席巻されていて、それに竹槍で立ち向かうがごとき悲愴な?覚悟の小生でありました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(0) | TB(0) |
2013-01-09 (Wed)
マッキンゼーの採用マネージャーを12年間務めた著者が語る言葉はなかなか厳しく、学ぶべきものがありまそうです。
「採用基準」 伊賀泰代著 ダイヤモンド社

伊賀さんによれば
マッキンゼーの採用基準は
①リーダーシップがあること
②地頭がいいこと
③英語ができること
の3つです。

このうち日本の優秀な人が持っているのは②だけであり、 残りの2つは絶望的に欠けています、という言葉が衝撃的です。
もちろん3つを備えている人が少なくない日本の若手医師には失礼かもしれません。ただ確かにアジアの国々の若手医師(40歳以下)の中にはその3つが強烈に備わっている人を見かけます。

日本支社では①、②、③に加えて日本語ができることという4番目の項目が加わり、海外からの留学生の中にこれらの条件を満たす人が現れ始めているという指摘は重要です(日本語を使える外国人採用の増加)。
我々のような田舎の診療所であっても英語と日本語ができる外国人医療スタッフがいると良いなあ、といつも思います。

またリーダーシップに関して、マッキンゼーのOJTは「できるようになったら、リーダーシップを発揮する」のではなく、「リーダーシップは今すぐ発揮してください。できない部分については、次回からどう改善すればいいかを学びましょう」というやり方です、という話も興味深く思われます。

さらに、リーダーとして機能するとわかれば、すかさずより困難な状況を与えられ、日本人だけのチームをうまく率いることができるようになると、多国籍チームでリーダーシップをとることを求められます、ということも非常に重要なことではないでしょうか。
国内では明確な形でのリーダーシップ教育というものは、少なくとも昔の公立中学高校や国立大学医学部ではあまりなかったのではないでしょうか。
わたしの頃はリーダーシップに関連して、精神論ではない、どう身につけるか、どう発揮するかという系統だった技術論みたいなものは聞いたことがなかったような気がします。

小生が言うのも僭越ですが、子供の頃からリーダーシップ教育をきちんと施し、医療その他のキャリアの中で多国籍チームを率いるという機会をぜひ日本の若い世代がより多く経験されると良いと思っています。
WHOやUNICEF、UNHCR もちろん国連も日本の若手が育ってリーダーになってもらいたいものです。

余談ですが、近着の「銀海」に留学記が掲載されています。
日本の角膜学会は留学などの支援ネットワークが特に良く機能していることが伺えて羨ましいというか、頼もしいです。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 教育 | COM(0) | TB(0) |
2013-01-05 (Sat)
明けましておめでとうございます

昨年は12月31日が休日当番医
学会の準備が気にかかりながらのお正月でした。
紅白歌合戦は早めに切り上げて
元日早起きしANAにて東京羽田へ
スタバでさえ休みの正月。

東京ミッドタウンの唯一開いていたカフェで紅茶を飲みながら
パソコンを引っ張り出して調べ物。
午後は恒例の日枝神社参拝。
拝殿にたどり着くまでがひと苦労
おみくじを買うのも行列
田舎の人間にはかえって行列が珍しく、神社に参拝したーという気になります。

午後7時Hで夕食。
夜は学会準備
翌日2日は昼食のため
グランドハイアット東京へ
1階のカジュアルなイタリアンレストランに今井美樹さんと布袋 寅泰(ほてい ともやす)さんが家族と一緒に座っておられた。
(ロビーから柱で区切られているだけなので、中が結構見えてしまう)
自然体でとても格好良かった。
布袋さんという名前が正月から縁起がよい。

随分昔の夏、宮崎のフェニックス・ジャズインにおいて、なぜか今井さんのお父さんだけがVWのキャンピングカー持ち込みを許されていて、私の姉が知り合いだったため、そこで音楽を聴きながらごちそうになったことがある。
その時、脚の長い、子鹿のような高校生がいたのが今井美樹さんであった。

Cで昼食。ホテル内のレストランはどこも満席である。
最後にフォーチュン・クッキーが出てきた。
いつからこんなサービスをしているのかしらん。
中にはいっているおみくじに「パワー全開!」と書いてあったので、それまで疲れ気味だったのが急にパワー全開のような気がして
家族に迷惑がられるわたしでありました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(2) | TB(0) |