2012-10-28 (Sun)


「僕はタクシーに乗ると、必ずと言っていいほど運転手さんに話しかけます。
せっかくなら、短い時間であってもタクシーと言う空間自体を楽しくしたいと思っていますし、何より、その運転手さんを喜ばせたいと思う。
大げさに言えば、その人の人生に自分の足跡を残したい、ということです。」

「小山薫堂 幸せの仕事術
つまらない日常を特別な記念日に変える発想法」 
小山薫堂著  NHK出版

小山さんは熊本の「くまもとで、まってる」キャンペーンのシナリオを書いているらしい。
道理で「くまもん」など、コンセプトがトータルにとてもよく出来ているなあと思っていた。

わが宮崎県も小山薫堂さんのような方を常に探して、宮崎の観光プロジェクトをお願いするなどの知恵が欲しい。自前の知恵には限りがあるのではないか知らん。
一見突拍子もないようなことをアドバイスしてくれるひとは貴重である。

小山さんは相手に「喜んでもらうとうれしい」体質をつくる、ということを提唱されていて、以前から気にかかる存在であった。
彼の話はいつもハッピーで心がなごむ。

医療も基本的には「喜んでもらうとうれしい」体質が大事だ。

現在、日本臨床眼科学会のため京都に来ている。
何人かの先生たちにお会いした。
なんらかのかたちで喜んでいただけたかしらん。
本当に喜んでいただけるためには、学問的にもエンターテインメント的にも周到なプランと下見と最後の最後の詰めが重要であるが、これがなかなか難しい。

そう思いながら
学会場のグランドプリンスホテルからタクシーに乗って
市内に戻る途中
私が熊本大学病院に勤務していたと聞くと
熊本県O市出身の、バブル期は不動産会社の社長さんをしていたという運転手さんが語る身の上話がとても心にしみた。

この20年くらい、わたしもタクシーに乗るとかならず運転手さんに話しかけるようにしている。
運転手さんを喜ばす境地にはまだまだだが、運転手さんに自らを語りたくさせる術(すべ)は少し身についてきたかもしれない。

無言でなにもしゃべりたくなさそうな風情の運転手さんが、ちょっとひとつふたつ質問すると滔々と語り始めることは少なくない。

それぞれプライベートなことなので書きにくいけれど
運転手さん達は時に驚くような物語を聞かせてくれる。

熊本出身の運転手さんが語る話をついつい感心しながら聞いていると目的地に着き、話し終えた運転手さんは結構晴れ晴れとした、というと大げさかもしれないけれど、でもそんな感じでわたしを見送ってくれたのでありました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(0) | TB(0) |
2012-10-23 (Tue)

初夏のある日

眼精疲労
頭痛
ドライアイなどさまざまな不定愁訴を訴える患者さんが来院されて
お話を聞いていたら
たまに自家用に畑を耕しているとのこと。

医学的な話に加えて
きゅうりをひとつひとつ丁寧に慈しんで栽培してみてはどうですか
とアドバイスしてみた。

しばらくして
先生、きゅうりが出来ましたよ
と嬉しそうにやってきた患者さんは
眼の症状がやわらいだと話してくれた。

こういうこともあるのですね。

きゅうりに感謝。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(0) | TB(0) |
2012-10-22 (Mon)

日曜日朝6時
大きな狼煙の音が響く。

そうそう、日向市のわが亀崎区運動会が開催されるという合図
結構立派な運動会なのである。
準備の皆様お疲れ様です。

最近このような催しがとても大事だと感じる。
なにもお役に立っていなくて申し訳ないのですけれど。

昨夜早めに休んだおかげで鼻風邪も回復した。
秋の花粉症だったようだ。
さて今日は日曜当番医。

診療所へ行く道すがら、公園を覗くと
すでに万国旗がはためき
テントが張られていた。

わたしも診療をがんばらなくてはなりませぬ。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(0) | TB(0) |
2012-10-21 (Sun)
10月20日
土曜日
忙しい外来
一昨日から声がかれていて
困る。

秋の花粉症なのか
(最近眼がかゆい患者さんが多い。)
急に朝が冷えてきたので寝冷えなのか
鼻もグスグス
今日は鼻汁が膿性になってきた。

やむを得ず夜の眼科講習会を休んで
鍋料理で温まることにした。

食べ終わる頃に
ドーンと大きな音がする

今日は花火大会でもあった。

ベランダから眺めると
大きな花火が見える。

深まった秋
澄んだ空気のおかげで
花火の色が一層綺麗だ

そしてなんとはなしに哀しいというか
感傷的な花火の風情である。

早く風邪を治すべし。

追記:
当初の題名「夜の花火」って、花火は夜だろう、と突っ込んでくださった方もいたのではないでしょうか。
改題いたしました。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 幸福論 | COM(0) | TB(0) |
2012-10-15 (Mon)

その患者さんのカルテは
大変分厚く
かなりの重量になっていた。

両眼加齢黄斑変性の患者さんである。
基幹病院のご指導を受けながら
医学的な適応および本人のご希望もあって
毎月に近い抗VEGF薬の硝子体内注射が続いている。

黄斑部の光干渉断層計のプリントアウトもどんどんたまってカルテに貼り付けられるので
とても重くなった。
計量してみると丁度3.0kg。
さまざまな意味で大変なことであります。

山中教授のノーベル賞受賞翌日
iPS細胞を用いた再生医療と加齢黄斑変性(および網膜色素変性)について
何人もの患者さんから質問や「勇気づけられました。」とのお話をいただいた。

大事に大事に育てていただきたい研究であります。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 眼科診療 | COM(0) | TB(0) |
2012-10-14 (Sun)

九月
米国からの帰途
AAの窓側に座っていると
通路側に黒いセーター姿の
アンジェラ・アキさんをニューヨークっぽくしたような女性が座ってこられた。

食事の際に
お話しすると
資生堂ニューヨークの幹部らしかった

「そういえば
わたしの家内もSK-IIの愛用者ですよ。」
と話したら

「オー、ライバルガイシャデスネ。」
と言われて話が終わってしまった。

SK-IIってマックスファクターでしたね。
トホホ。

造り酒屋の杜氏が美しい手をしていたことからヒントを得たという、その余りに日本的な成り立ちとネーミングのため
つい、SK-IIを資生堂製品と勘違いしていたわたしでありました。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 国際問題 | COM(0) | TB(0) |
2012-10-08 (Mon)
山中伸弥教授のノーベル医学生理学賞受賞本当におめでとうございます!

感謝と責任のコメントも素晴らしかったし
NHKのインタビューでは、iPS細胞を応用した再生医療における最初の臨床研究として神戸理化学研究所T先生の加齢黄斑変性症治療に言及されたことも大変嬉しいことでした。

眼科医としてはもちろんですが、小生の知人がT先生の研究員であったこともあり、女性医師として家庭と先端医療研究とを両立されてきたT先生に小生も敬意を抱くひとりであります。

今年の米国ARVOにおいてT先生の発表に会場から拍手が湧いたと緑内障のY教授が書いておられました(日眼会誌最新号)。
研究のますますのご発展を患者さん達と祈っております。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 医学研究 | COM(0) | TB(0) |