2011-09-30 (Fri)
午前9時過ぎ、なんとか無事に秋田空港に着陸。
秋田駅行きのリムジンバスに乗る。
しかし考えてみるとまだまだデータの見直しが必要だ。
タクシーに乗り換えて、休日というのに待機してくれているスタッフに電話を掛け
データの再確認とスライドの修正を依頼。

学会場である秋田ビューホテルの部屋を前日から確保していたので、そのままチェックイン。
ネットからスライドを受け取り、何とか準備が出来た。
(本当にみんなに感謝。)

英語セッションは午後3時開始。
午後2時会場に出かけ、パソコンの受付をすませた。
さらにその場所を借りて、内容をまとめ、ようやく形になってきた。

高齢化が進む国々では緑内障の治療だけでなく、共に存在する進行した白内障も問題になってきている。
原発開放隅角緑内障においては白内障手術のみでは眼圧下降効果は軽微であり、再び眼圧は上昇する。
スタンダードとされるトラベクレクトミーは白内障との同時手術では治療成績が下がる可能性を指摘されている。
またレクトミー単独手術の後に白内障手術を行うと、レクトミーの効果が減弱する可能性がある。
レクトミーは最も効果的な手術であるが、さまざまな合併症に留意が必要である。

トラベクロトミーの眼圧下降効果自体はトラベクレクトミーに劣るが、合併症は少ない。
また同時に白内障手術を行うことで眼圧下降効果は向上する。
ロトミーは手術を下方から行なうことが出来、上方の結膜を温存して将来のトラベクレクトミーの必要性に備えられる。これに対し、レクトミーでは下方からの手術は合併症が高まる。
すでにロトミートリプルが行われた眼では次のレクトミーは単独で行えるため、効果を示し易いかも知れない。

最近トラベクロトミーの原理に則った手術が開発され、実施されつつある。トラベクロトミー・ルネサンスと言う、専門家もいる。
その中でトラベクロトミー(Trabeculotomy ab externo) は
高価な器械や器具が要らない。
白内障との同時手術によって眼圧下降効果が向上する。
合併症が少ない。
今回のretrospective studyでは特に、落屑緑内障に対する下方からのPhacotrabeculotomyは良好な手術効果を示した。

こまかい間違いは沢山あったが、とにかくある程度にまとめて、有意義なご質問も戴き、討議も興味深かった、ような気がする。
(座長のS教授K準教授、御指導をいただいた指名討論者のM講師に深く御礼申し上げます。)

ほっとして、部屋で少し仮眠をとり
英語セッションの打ち上げ会に参加。
(Y教授、A先生始め、秋田大学の先生方には大変お世話になりました。ありがとうございます。)
韓国から招かれた教授達も御一緒で、さまざまな話が飛び交った。

わたしは以前から、韓国ではエイを甕に仕込み、発酵させたアンモニア臭強烈な食べ物が、臭いほど高級というか冠婚葬祭において珍重されるという話に興味があった。

話題として適切だったかどうか分からないが
韓国の先生に尋ねると本当らしく(ホンオフェ)、お互いに臭い食べもの、こんなヘンなもの食べられますか、というようなもの自慢というか日韓戦?で盛り上がった。

時折強く降っていた雨が上がったところでお開き。
苦しい学会発表が終わった日に味わう開放感は格別だ。
ホテルにて爆睡。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 緑内障 | COM(0) | TB(1) |
2011-09-26 (Mon)
9月22日木曜日朝4時起床
日本緑内障学会の準備が間に合わず
このところ、ゆっくり寝ている暇がない。

緑内障、特に落屑緑内障に対するトラベクロトミーの手術効果を統計学的に分析している。
小生の方針が一部明確でなかったために、最終的な生データが得られたのが、9月初旬。
このためギリギリまで統計解析中。
おそらく口演用スライドを作るので精一杯だ。
英語の口演原稿を作って、少しは読む練習もしておくことが礼儀だろうけれど・・。

前日まで台風による悪天候だったため
今日にずれ込んだ患者さんも多く、外来も忙しい。
手術結果の分析は外部の専門家に大変お世話になり、また事務スタッフががんばってくれて、データの全貌が明確になってきたのが、ようやくこの1週間というところ。

外来終了後、午後6時前の特急で宮崎空港へ。
早速、文献を忘れてまだ出発前の日向駅に家内が走って届けてくれた。
文献の多くはエンドノートに入っているが、印刷された文献でないとすぐには飛行機内で読めない。
日本語の文献はデジタル化されていないものが多い。

連休前なので羽田も混んでいる。
遅れて羽田到着。
がらんとしたロビーを通ってホテルT へ。
徹夜覚悟で最後のまとめ。
朝1時間ほど寝て、身繕いしてホテルを出ると午前7時羽田空港はもう人で溢れている。

そのままE チケットをかざして午前7時40分のフライトにチェックインしようとすると
器械が受け付けない??
係りに見てもらうと
お客様これはJALのチケットです・・と言われた。
ガーン!

ここはANAのターミナル
宮崎ではJAL でなかったら2mも動くとANAであるが
羽田では別のターミナルへ行かなくてはいけない(っちゃが!)。
ANAも満席。
係の人は気の毒そうに
(ああ、この方は間に合わない・・という表情)


睡眠不足のせいか、うかつであった。
すぐにタクシーに飛び乗ってANAのカウンターへ。

ぎりぎり間に合ったかと思いきや
係から
緊急用ドア横の座席について説明が続き
(ええ乗せていただければ、なんでもやります!)
さらに天候不良のため、青森に降りるかもと脅かされ(?)る。

午後3時のセッションに間に合うように秋田に着けるだろうか?
トホホ!


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 緑内障 | COM(2) | TB(0) |
2011-09-15 (Thu)
元マイクロソフト日本法人社長、成毛眞さんの本
「日本人の9割に英語はいらない
英語業界のカモになるな!」
祥伝社
の続き。

この本の中で最も興味深いのは
英語の敬語問題です。

先日英文メールの丁寧語が難しいとわたしも書きましたが
ビジネスの現場ではやはりこの問題はとても大事なようであります。

成毛さんは以下のように書いています。

「やっかいなのが独特な「敬語」である。

敬語は日本語でも使い分けるのは難しいが、英語ではそれに輪をかけて難しい。

休暇を取りたいという場合、 “I wanna take vacation next week?”(来週休暇をとりたいんですが)などと率直に聞く部下はまずいない。

もっと婉曲な表現で”You have any problem if I take vacation next week?”(もし私が来週休暇をとったら何か支障がありますか?)
と聞くのが常識である。

まるで王様相手に話す家臣のようなへりくだりぶりである。
こうした敬語表現は、英語の教科書や英会話集には載っていない(中略)。

「ビジネス敬語文例集」なるものがあったら、きっと売れるに違いない。

少なくとも、マイクロソフト時代の私なら飛びついて買っていたと思う。」

わたしもぜひ欲しいです。
若手医師の米国留学(特に臨床)にも必要かも知れません。
昔、米国の見学先病院において、米国人レジデントがものすごくボスに気を遣っているのを見てびっくりしたことを思い出します。

ぜひ英語の敬語丁寧語文例集を企画出版していただきたいものです。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 英語 | COM(1) | TB(0) |
2011-09-11 (Sun)
9月23日の日本緑内障学会英語セッションが近づいている。
毎日の外来や手術で忙しく、なかなか準備が進まない。

トラベクロトミーの術後成績を他施設のデータを基に分析しているが、これがなかなか大変です。
英語にたどり着いていない状況であります。

さて忙しいとつい別の分野の本を読んでしまいたくなって困ります。
『日本人の9割に英語はいらない』(成毛眞著/祥伝社/2011年9月6日発売)

の中で元マイクロソフト日本法人社長の成毛さんが反語的に英語は必要ないといっています。

もちろん一般の人にとっての話であり、中途半端な英会話ビジネスにとらわれてはいけないと警告されています。

もちろん英語をがんばらなくてはいけない職種もあるわけであり
医師も特に英語の読解力と作文力は磨かないといけないのかもしれません。

日本で診療している限り、発音は二の次かも知れませんが
面白いのは成毛さんがParallel理論といって、parallel (平行の)の r、lをうまく発音し分けるにはかなり練習が要ると指摘されていることです

Enthusiastic(熱心な)も発音が難しいと言われていますがわたしも同感です。

「彼は緑内障研究にenthusiasticです」と友人を紹介したい時
発音がなかなか難しく、カレハ、トテモ、ネシンアルネというようなもごもごした発音になっているに違いありません。

熱心な自動車好きをよくエンスーというのは、enthusiasticの意らしい。(本当はエンズーでしょうか。それではちょっとEngine誌が許してくれないですよね)

さて、緑内障の英語では、わたしは scleral flap (強膜弁)という発音が結構難しいと思います。
どうでしょうか。
緑内障手術の話ではどうしてもこの発音が大事なので
スクリーゥオー フラッ(p) という感じで良いのではないかと思いつつ

待て待て、そんなことより英文原稿自体を早く作らねば

静かな院内に大きく響く、
秋の虫の声にせき立てられ
日曜日の夜も診療所の机で資料を広げて焦っているわたしであります。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 緑内障 | COM(0) | TB(0) |
2011-09-08 (Thu)
最近あらゆるものがコモディティ化(安物化またはありきたりになるというような意味)しているような気がする。

ハーバード大学経済学部教授ケネス・ロゴフは
得意なチェスに例えて
コンピュータはチェス名人をしのぐまでになっており
極めて精緻でユニークだと思われている技術をありきたりな技術に変えてしまうだろうと予測している。
(ニューズウィーク誌日本版)

ロゴフ教授は、高等教育さえもコモディティ化してゆく可能性が高く
大学教育の差が所得格差に与えている影響を縮小させ
(世界の隅っこでも一流大学に匹敵する教育の機会がIT化によって得られる)
世界の所得格差をかえって縮小させるのではないかとも予測している。

医療も徐々にコモディティ化しつつある。

中国の僻地やチベットなどへの白内障手術援助がこの25年でほぼ不要になりつつあるように、世界の医療水準が上がってきている。

医療のコモディティ化を促進するのは
テクノロジーの進歩である。

白内障手術もレーザーですいすいと行われたり
緑内障手術もレーザーを照射したり、小切開角膜創から入れた特殊な器具を隅角に差して、はい、終わり、などという時代が到来するかもしれない。

ちょっと大げさかもしれないが、眼科外科医もその貴重な、長年に渡って鍛えた技量を発揮する場を失う日が来るかもしれない。

コモデティ化しない技術とはなにか。

すべてがコモデティ化したその時、眼科医はなにを持って、自らの診療のコモデティ化に立ち向かうべきなのでありましょうか。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 眼科手術 | COM(0) | TB(1) |
2011-09-04 (Sun)
9月3日土曜日午後6時半から
宮日会館にて
第14回宮崎神経眼科セミナー
「基本的な視神経炎のみかた」
S教授(愛知淑徳大学視覚科学)

とにかく台風である。
前日、京都在住のS先生、地元関係者と打ち合わせをして
大変恐縮ながら土曜日の朝一番の新幹線で福岡まで移動していただき
空路宮崎に入っていただくこととした。

なんとか予定通りS先生も到着され
2時間の講義は
前半が視神経炎に関連する病理学
後半が臨床的な視神経炎の診断学

講演の中で、京都府立医大眼科助教授を務められたお祖父様から
眼病理の手ほどきを受けられたお話を初めて伺った。

いくつかの眼病理学の本も紹介され
視神経の病理
染色法、多発性硬化症の病理学的診断根拠など丁寧な解説をいただいた。
久しぶりにランヴィエ(ランビエ)絞輪などという言葉も聞いた。

調べてみるとnode of Ranvierである。
nodeを絞輪と訳したのはなぜかしらん。
解剖学的には髄鞘がない、裸の部分である。
日本語的に結節という言葉になじまなかったのかもしれないし、結節よりずっと美しい訳である。

この構造を利した跳躍伝導は戦前1939年に日本人田崎一二が発見している。
すごいですね。
田崎博士は戦後ロックフェラー財団の支援を受けて米国でNIHの研究者となり、その後米国に帰化し、最晩年まで研究を続けた。

ワシントン・ポストに追悼記事が出ています。

田崎博士追悼記事(ワシントンポスト)

アメリカも 先生もgreatですね。

さてS先生の講義に戻ると
神経眼科診断学に特に病理学的な証拠、疾患のメカニズムに対する理詰めの考察力を高めることが必要であることを強調された。

[なお今秋
日本臨床眼科学会のインストラクション・コースRMB神経眼科勉強会のCPC
(10月9日日曜日 東京国際フォーラム 午前9時から10時半まで)

日本神経眼科学会におけるWalsh-in-Asia (ASNOS)のCPC
(11月25日-27日 神戸コンベンションセンター )
があります。これらも神経眼科のロジックを学ぶ良い機会ですので是非ご参加ください。]


多発性硬化症の脱髄性病変では
視神経の髄鞘が一部障害されても2-3週間で再生すれば
その間伝導遅延はあっても、徐々に機能が回復するのに対し
髄鞘のみならず軸索が強く障害されてしまうと
軸索の再生ができず、機能低下が恒久的となる。
→臨床的には治療にもかかわらず視力が(0.1)以下に低下する100例中3例に相当

非典型的視神経炎に注意→十分な全身検査要

視神経乳頭の浮腫を評価する際
大人の常識は子供の非常識

小児の視神経炎では
両眼性
視神経乳頭の腫脹例が多い
多発性硬化症への移行が少ない

多発性硬化症において核間麻痺を重視するのは
外転神経核と動眼神経核をつなぐ内側縦束は構造上、多発性硬化症に侵されやすいため

など、いつも通りぐんぐん引き込まれるお話が詰まっていました。

2次会はFにて。
ご主人にも台風のため会が中止になるかどうかで
2次会が流れるかも知れないと、ご心配をかけてしまいました。恐縮です。

伊勢エビが解禁となり
新鮮な伊勢エビ、その味噌汁
相変わらず美味な宮崎牛
地元の「ひでじビール」を堪能。

いやあ、無事に終わって、本当にほっとした
と思いながら、S先生をホテルまでお送りし
宮崎駅に着くと
23時50分の上り最終特急が45分遅れ。
事故で遅れているらしい。
トホホ。

やむを得ず
もう一度街中に戻り、タリーズのコーヒーを飲みながら
この文章をまとめているところであります。

セミナーではいつもスターバックスに出張サービスしていただいているのであるが
スタバ、タリーズとはしごすることに。

帰宅するのは午前2時に近いでありましょう。
それでも無事に開催できて大満足の宮崎神経眼科セミナーでありました。

S先生始め、関係者の皆様に篤く御礼申し上げます。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 神経眼科 | COM(0) | TB(0) |
2011-09-02 (Fri)
海外学会へ向かう機内において

CAからWould you like to~?= 「~は要りますか?」

と聞かれた場合、要らないときにNo, thank you.と答えると

「いらないってば!」というニュアンスを含んでしまうことがあると書いてあって、ちょっと驚きました。

( 「ビジネスパーソンの英単語帳+70」 関谷英里子著 ディスカヴァー・トゥエンティワン
 → thinkでなくbelieveを使え、などもっと深い話も沢山取り上げられています )


Would you like something to drink, maybe coffee or tea?

と聞かれた時、要らないなら、

No, thank you.ではなく、

I’m fine, thank you.と答えるのがふさわしいようです。

機内でつい、No・・・・と答えたくなっていたわたしも

最近ようやく I’m fine, thank you.

と答えられるようになってきました。

I’m fine.って、考えてみると、なかなか感じの良い言葉ですね。

How are you?と挨拶されたら

I’m fine, thank you, and you?

というべきなのでしょうが、

全文を実際に言うのは意外にまどろっこしいというか、挨拶としては長いフレーズだと思いませんか?

ちょっと他人行儀な感じもするような。

そして、わたしの場合、最後の and you? がモゴモゴしてしまいがちです。

それどころか、早く話に入りたい時には、後半を端折って

I’m fine.で終わってしまいそうです。

ところが

I’m fine.だけだと、下手すると「ほっといてくれよ!」というニュアンスだとのこと。

そこで

How are you? と聞かれたら

I’m great.とか ( greatも便利な言葉ですね )

I’m great, thank you.

またはI’m great, thank you, and you?

が好ましいようです。

なるほど。



ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 英語 | COM(2) | TB(0) |
2011-09-01 (Thu)
先々週でしたか、
夜遅く帰宅して、夕食をとりながら「NHK追跡!A to Z」を眺めていました。
「過熱する日本人技術者争奪戦」

縮小された日本企業のテレビ開発技術者が韓国メーカーに移籍して
新しい3Dテレビの開発を担っていた。
ドコモが扱っているサムスン・ギャラクシーの高精細スクリーンはスカウトされた日本人技術者が開発したらしい。

後半、ソニー研究所の元所長さんが立ち上げた研究開発会社が取材され
その先進的技術を評価したシャープが次世代のテレビを開発するべく提携にやってくる
というところで終わっていました。
http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/

日本人技術者が他社または他国においてその技術を提供する場合
法的に規制しきれない部分があるのならば、日本企業は次世代のテレビを、さらに優れた技術者に、待遇も報いながら開発してゆく必要がありそうです。

韓国企業にスカウトされた技術者が
「先進国の中で日本は最も技術者に対する評価が低い」
と答えていたのはおそらく本当のことでしょう。

待遇、研究環境がサムスンの方が上なら世界の人材はサムスンに集まる。

コンサルタントの堀紘一さんは著書の中において
グローバルに見て日本のプロフェッショナル中、最も待遇が悪いのは国立大学(法人)医学部の先進的医療を担う医師である
と書いています。

日本は優れた医師の宝庫ですが、日本の優れた医師はさまざまな壁のため外国に転職しにくい。
いままで国内で特別なキャリアを持つ、優れた医師が開業してしまうのを見てきましたが、いささかもったいない。
そうこうしているうちにアジアの各国も自前の優秀な医師を英米に送って勉強させ、育てたため、レベルが追いついてきています(一部 凌駕されているかもしれません)。

昨日、ドコモの営業の方に勧められたサムスン・ギャラクシーS2を見ながら、韓国の眼科が頑張って良い論文を出してきているのも、関係があるのかどうか分かりませんが、納得できるような気がしました。

日本の若い医師の未来をどの方向に持ってゆくのか、大きな絵の中で、高所に立って議論し、導いてゆくべき(権限のある)人はどこにいるのでしょうか。
優秀な日本の若い医師の未来を大きく開いていただきたいと願うわたしであります。


ブログランキングに参加しています。お手数ですが御協力をよろしくお願いしま す。

| 医学研究 | COM(0) | TB(0) |